SKE48北川綾巴が話す「紺野あさ美アナ」とのコラボ撮影秘話
2月22日に2ndアルバム『革命の丘』をリリースとなったSKE48。前作から約4年半ぶりとなるアルバムは新曲『夏よ、急げ!』も収録される豪華な内容となっている。アルバム発売を記念して、次世代エースとして人気を集める北川綾巴に単独インタビュー。 -「2」が今回のアルバムのキーワードとなります。2で思い浮かぶものは? 北川 2…、わたし、2好きですね。 -1ではなく2が? 北川 本当です!1番よりもわたしは2番のほうがあっているなと思いますね。落ち着きます。 -ちょっと、冒頭から消極的な発言ですね。 北川 そうなんですよ~消極的でなかなか前に行けない…良いんだか悪いんだか。 -それ以外に2って? 北川 ………、SKE48は48グループで2番目に出来たグループ! -確かに!よし、2の話はやめにしましょう(笑)。 北川 アルバムが発売されて、2月22日がSKE48にとって特別な日になればいいなとおもいます! -ですね!では、アルバムに収録される新曲『夏よ、急げ!』ですが、MVも爽やかですね。 北川 横浜の海岸沿いで撮ったんです!景色もきれいでリフレッシュできました…けど、その日に振り入れして一本撮りで大変でした。ワンカット撮影で、イントロが始まってみんなで踊って、ワンブロックが終わったら移動して位置について、2番になったら階段に登ってと…とにかく大変だったです。一回間違えたら撮り直しなので緊張感ありましたね、顔がやばいかも。 -間違えました? 北川 間違い…ましたね(笑)、全然ダンスが覚えられない人なので苦手だし、今回は立ち位置もちゃんと付かなきゃでテンパりましたね。 -曲も2月なのに夏が入る不思議な感じですね。 北川 そうですね、でも『チキンLINE』『金の愛、銀の愛』と本当にシリアスな曲だったので、久しぶりにSKE48に爽やかな曲が来たとみんな喜んでました。衣装も暗い感じの衣装が多かったんですけど…いや、嫌いではないんですけど、好きなんですけど(笑)今回は明るい可愛い衣装だったんですよ。一人一人デザインも少しずつ違って、衣装さんがメンバーに合わせて作ってくれてすごくお気に入りです。 -今回のアルバムにも収録される『12月のカンガルー』ですが、テレビ東京で放送された「紺野、今から踊るってよ」にてテレビ東京アナウンサー紺野あさ美さんとダンスコラボしましたね。しかも、コラボ後すぐに結婚発表しました。 北川 なんかねえ、すごい得した気分(笑)。幸せをお裾分けしてもらえたかな。収録の時もすごくハッピーオーラがあって、初対面だったので元々がそういう方なのかな?と思ってたんですけど、いま思えばそういうことだったのか、と思いました。すごく嬉しかったです。 -北川さんがダブルセンターでコラボしたんですよね。 北川 そうなんです!だから、ペア振りとかもあって、なんかちょっと照れましたね。人見知りっていうのもあったけど、紺野さんがすごくかわいくて。わたし、モーニング娘。さんの時代を知らなかったので、こんなに可愛い方なんだって思いました。しかも、ロケも動物園でカンガルーの前でやったし、すごく印象に残ってますね。 -収録は緊張しました? 北川 私たちは普段踊っている曲なのでそうでもなかったんですが、紺野さん凄かったですよ。振り入れ時間もそんなになかったはずなのに、しっかりと踊れていたので…さすが、モーニング娘。さんだと思いました。 -そして、昨年末と言えば「夢の紅白選抜」です。 北川 あー! -説明をすると、夢の紅白選抜に当初は投票で漏れたのですが、繰り上げ当選をして北川さんが出場できることになりました。 北川 その日は、呼ばれなかった子はすぐに裏に行って、という話だったんですけど、わたしはしっかりと選抜に入ったメンバーのコメントを聞いて今後に活かそうとしてスタジオの隅にいたんです。現実を受け止めないといけないと思って、真木子(斉藤)さんと、日高優月ちゃん、後藤楽々ちゃんと残ってたんです。もうその時は絶望してまして…後藤楽々ちゃんと選抜のフロントメンバーにさせていただいているのに、どうしよう…どういう顔で立たせてもらえば良いのかわからないって、ほんの数分ですごい濃い話をしていたんですよ、二人で涙を流しながら。そしたらまさかの繰り上げで、奇跡ってあるんだなって思って。その時に、初めて紅白というものが形となって降りてきたので驚きました。 -実際に紅白に出場してどうでした? 北川 繰り上げだから実際にそこにいない存在じゃないですか。ちゃんと、自分の力で48人に入らなきゃいけないと思っていたし綾巴的には複雑だったんですけど、その場所にいるのといないのでは違うし…、わたし、あと400票で漏れていたんだって結果的に知れたんです。だからそれは自信にも繋がったし、何よりも色んな人から連絡がすごい数来て、それだけでわたしは紅白に出られた意味はあったな、と思いました。 -当日は思ったパフォーマンスを出来ました? 北川 はい!出来ました。人数が多かったじゃないですか。『RIVER』と『君はメロディー』は後ろの方だったし、全然映っていなかったかもしれないんですけど、出させて頂いた感謝を込めて全力でパフォーマンスするのは大前提なので、ちゃんとやらせていただきました。わたしはこれで、3年連続出られているので…去年はAKB48に兼任をしていたので、これからも出場記録を続けていきたいですね。 -こうなると今年はSKE48として出たいですね。 北川 そりゃもう、出たいですよー! -出るには、どうしたら良いでしょうか? 北川 2017年の始まりは、アルバムが出てツアーが再開するという良いスタートの切り方をしているんじゃないかと思います。昨年はシングルが2枚だったし、偉大な大先輩が卒業したりSKE48は探り探りの一年だったけど、今年はドカンと勢いでカマしてやろうかなと言う気持ちはあります。 -それはセンターとして? 北川 センターですか?わたしは、いま頂いている立ち位置と結果が全然比例していないし、実際の総選挙の順位や握手会での売上もそうだけど、まだ全然そんなことを言える立場じゃないし、自分のプライド的にセンターに立つというのはまだ言えないなと思います。 -その答えはいつでます? 北川 もし自分が総選挙で16人の選抜に入れたら、自信がないにせよ16位までに入れたって肩書はあるじゃないですか?でも、現実は去年は64位で…自分より選挙で順位が良いメンバーが後ろにいるっているのが矛盾しているじゃないですか?自分だったら絶対になんで?って思うし、そう考えると苦しいですね。 -松井珠理奈という存在についての思いは? 北川 同じチームになるまでは大先輩だし圧倒されることばかりすぎて縮こまっていたところがあったんですけど、いまでは一緒に公演に出たりすると絶対負けないって気持ちになれるようになりました。その想いも原動力にしています。 -ここまで長く続いた、松井珠理奈=SKE48という流れを変えていきたいですか? 北川 変えていきたいから色々なところで結果を出して、他のファンの方にもしっかりと納得してもらえるようにしたい。そういった意味では、今年も総選挙があるのなら勝負だと思いますね。 -松井さんのSKE48愛はSNSなどを中心に今すごいです。 北川 すごく嬉しいんですけど、世間一般で行ったらSKE48=珠理奈さんだから、一人背負っちゃっている感じがみんなから見てもすごくあるんです。それを変えたいって思うんですけど難しくて…どうすればいいかわからない。ただ、やれることをひたすらやるしか出来ないから…いますぐにでも変われたら良いんですけど。 -最後、2017年の個人的な目標は? 北川 写真集が出したいです。オシャレな洋服着たりして、女の子が好きそうな写真集。SKE48は女性のファンの方が少ないイメージだから、少しでも女の子のファンを獲得して、SKE48を知るキッカケになったらいいなと思います。 -大好きな宮澤佐江さんのように? 北川 大好きです、佐江さん!インスタグラムに力をいれていきたいです。大人の魅力をバンバン放出していきたいと思います。