欅坂46渡邉理佐が「高校生活」でやり残したこと
快進撃を続ける欅坂46の中で、クールビューティな存在として人気が高いべりさこと渡邉理佐。高校卒業を記念して制服グラビアに「FLASHスペシャルグラビアBEST 2017早春号」で挑戦している。 -2016年の秋号で志田愛佳さんと登場されて以来です。クリスマス公演や「紅白歌合戦」など、怒濤の活躍でしたね。 渡邉 本当にいろいろありすぎて、あんまり覚えてなくて…。「紅白」なんて緊張しすぎてたのか、一瞬で終わった感じです。あとで映像を見ても、まるで実感が湧かないですね。結成から1年間にあったことは、全部「与えてもらってるもの」で、「自分たちで摑んだもの」とは違うと思っていて。すごくありがたいことなんですけど、2年めは挑戦の年と思って、頑張りたいです。 -3月には高校も卒業です。 渡邉 そうですね。高校生っていう響きがなくなっちゃうのは悲しいですね。高校生っていちばん楽しそうじゃないですか。 -やり残したことはありますか? 渡邉 もっといたずらとか、ふざければよかったかな。青春って感じで、ふふ(笑)。 -今回の撮影では眼鏡をして勉強するシーンもありました。 渡邉 家で過ごすときは、基本いつも眼鏡なんですけど、外ではコンタクトなので、珍しいと思います。ファンの方も初めて見るんじゃないかな。伊達眼鏡も持ってたりするんですけど、握手会でもかけないので。 -こだわりなんですか? 渡邉 うん…。レアにしときたい。二度めは、たぶんないです(笑)。 グラビアとインタビューの続きは「FLASHスペシャルグラビアBEST 2017早春号」