乃木坂46 舞台&映画出演をサプライズ発表、主役に抜擢されたのは?
さいたまスーパーアリーナで現在開催中の乃木坂46“5th YEAR BIRTHDAY LIVE”の2日目が、2月21日に開催された。 初日に開催された、フロントメンバー橋本奈々未“卒業コンサート”の余韻が会場まだ残っている中、前半ブロックで『裸足でSummer』『走れ!Bicycle』『命は美しい』と、アッパーなシングル表題曲を立て続けに披露し、一気に会場のボルテージがヒートアップ。 中盤では、2016年にグループに加入したばかりの、3期生が初の“Birthday Live”のステージに登場し、『人はなぜ走るのか?』『羽根の記憶』、そして2016年にグループを卒業した、深川麻衣のソロ曲『強がる蕾』を全員で熱唱。深川、橋本、とグループを抜けた2人のいない寂しさを、払拭させる程に、3期生が新たな風を巻き起こしてくれる予感を感じさせてくれた一面であった。 その後も、能條愛未(Vo)・川村真洋(Gt)・中田花奈(Bs)・和田まあや(Key)・齋藤飛鳥(Dr)によるバンド“乃木團”の生演奏や、西野七瀬・白石麻衣・生田絵梨花がそれぞれのソロ曲を披露するなど、2日目の“Birthday Live”もバラエティにとんだ内容となった。 そしてアンコールの際に、2014年度“小学館漫画賞”を受賞して、現在もビッグコミックスピリッツに連載中の大人気“薙刀”(なぎなた)コミック“あさひなぐ”の初の映画&舞台化が決定。乃木坂46のメンバーが出演する事がサプライズ発表された。 舞台の主役に抜擢された齋藤飛鳥は、「舞台は初めてで本当に不安ですが、一緒に出演する生駒ちゃんや若月は、たくさんの舞台を経験してきているので、色々と教えてもらいながら頑張りたいです!」とコメント。 また映画の主演に抜擢された西野七瀬は、「不安だらけですが、原作のファンの方にも喜んでもらえるような作品にしたいです。」と意気込みを語った。 尚、舞台の方では齋藤飛鳥の他に、乃木坂46の7名のメンバーも出演する事が発表され、乃木坂ファンにはたまらない舞台となりそうだ。 CDセールス、ライブ動員数を着実に伸ばし、アイドルとして不動の地位を築いた乃木坂46。“乃木坂旋風”はこれからもまだまだ続きそうだ。 <映画> 2017年、秋 全国公開 原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館・ビッグコミックスピリッツ連載中) キャスト:西野七瀬 ほか 監督:英 勉 制作:ノースリバー 制作プロダクション:ROBOT 配給:東宝映像事業部 (C)2017映画「あさひなぐ」製作委員会 (C)2011こざき亜衣 / 小学館 <舞台> 5月20日より上演 原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館・ビッグコミックスピリッツ連載中) キャスト:齋藤飛鳥・井上小百合・新内眞衣・若月佑美・生駒里奈・堀未央奈・衛藤美彩・北野日奈子 ほか 脚本・演出:板垣恭一 制作:東宝演劇部 (C)2017映画「あさひなぐ」製作委員会 (C)2011こざき亜衣 / 小学館