小嶋陽菜卒コン前夜祭 最後に涙でメンバー大慌て

第1期生のの卒業にあたり、2017年2月21日(火)、22日(水)の2日間、国立代々木競技場第一体育館にて、「こじまつり~感謝祭~」が開催される。 21日は、「こじまつり~前夜祭~」が行われた。

ピンクの法被を着たの笛や太鼓で奏でられた祭囃子の中、「わっしょい!」「こじま!」の威勢のいい掛け声とともに、会場に現れたのは、お神輿。アンジャッシュの児嶋一哉や小島よしお、メンバーの、小嶋花梨(NMB48)たちのコジマ軍団に先導されて、支配人たちが担ぐ、そのお神輿に乗って、本日の主役・が登場した。

にゃんにゃん柄の衣装に身を包んだが、「こじまつり、もりあがっていくぞー!」と叫び、前夜祭が幕開け。お祭りバージョンの『ハート型ウイルス』を披露した他、『ハイテンション』ではマーク・パンサーさんとともにDJを務めるなど、幕開けから、文字通りテンションの高い

_D513627

そのままコンサートを盛り上げていくかと思いきや、はいきなりステージを降りて、関係者席に移動。番組で共演しているおぎやはぎの2人や、アンガールズの田中卓志、SKE48の大矢真那など各グループの小嶋ファンたちと一緒にコンサートを見学すると言い出す、まさかの展開に。ちなみに、関係者席には、卒業生での盟友・の姿もあったが、とくに触れられることもなくスルーされてした。

が見守る中、に憧れて入りをしたという岡部麟が率いるチーム8の『47の素敵な街へ』、 16期研究生による『大声ダイヤモンド』、伊豆田莉奈がセンターを務める濃いメンバーだらけの『心のプラカード』、猫のコスプレをしたチームBによる『君のことが好きだから』ならぬ『にゃんにゃんのことが好きだから』などが繰り広げられ、もご満悦の様子。中でも、いきなり、ステージの上から登場し、『虫のバラード』を熱唱して颯爽と帰っていったには、会場とからも驚きと称賛の拍手がおくられていた。

関係者席で満足そうに観覧していたに、いきなり「調子に乗るな!」との罵声が。その声の主は、。これに、も「何だコラ!」と応戦。かつてTV番組の企画として行われ、“史上最低の泥仕合”として黒歴史となっている「指原PRIDE」が約5年ぶりに復活してしまい、「タラコ小嶋 vs ヘタレ指原」によるファイナルバトルが勃発。お互いに愛してやまないという、元モーニング娘。の高橋愛さんとのデュエットをかけて、「ゴムパッチン綱引き」で対決。指原が勝利するも、卒業するに花を持たせ勝ちを譲り、結局、見届け人のも加わって、みんなでモーニング娘。の楽曲『晴れ 雨のち 好き』を披露した。

ステージファイター選抜による『ヘビーローテーション』では、「1!2!3!4!」の掛け声が決まらずやり直しとなり、ここまでスルーされ続けてきたが、関係者席から助け舟を出す場面も。

中盤では、乃木坂46がコンサートを行っているさいたまスーパーアリーナと中継を結び、乃木坂AKBとして『混ざり合うもの』を披露。最初で最後になるかもしれないパフォーマンスに、代々木とさいたまの2つの会場が盛り上がった。

その後も、「小嶋さん好き」を公言する元SKE48のがビデオレターで登場し、熱い思いとともにリクエストした『竹内先輩』、卒業生の松井咲子のピアノ演奏からの『ポニーテールとシュシュ』、自身がセンターを務めた『ハート・エレキ』などを披露した。

コンサートも終盤に差し掛かり、『思い出のほとんど』のイントロが流れ、会場もしんみりした雰囲気に。これまで、スルーされつづけてきたが満を持してステージに登場し、&たかみなによる『思い出のほとんど』…かと思いきや、は、さりげなくステージに登場したとデュエット。は、置いてけぼりとなってしまった上に、その後、リハを全くしていなかったという『お手上げララバイ』を披露する羽目になってしまった。

そして、初の派生ユニットとして、の3人が活動してきた「no3b()」のコーナーがスタート。4年沈黙していたため、解散も危ぶまれていたが、『Relax!』『君しか』『唇 触れず…』の3曲を披露し、からは「解散しません!」との宣言も飛び出した。

最後には、『365日の紙飛行機』『君はメロディー』『Green Flash』などのシングル曲を披露し、本編のラストは、自身がセンターを務め、として最後となる最新シングル『シュートサイン』をパフォーマンスした。

「はるな!」のアンコールが会場を包む中、再びステージに登場したは、劇場での卒業公演が、自身の誕生日である4月19日に決定したことを発表。この日をもってとしての活動を終えることを、これまで応援してくれたファンらに伝えた。そして、卒業ソング『気づかれないように…』を初披露。その歌声に、会場は聞き入っていた。その後の『桜の花びらたち』『10年桜』では、これまで自身の卒業コンサートとは思えない程あっけらかんとしていたが瞳を潤ませ、大粒の涙を流していた。これには、メンバーも驚きながらも、抱き合ったり、肩を寄せ合うなどして、に感謝の気持ちを伝えているようだった。

最後は、オープニングで歌った『ハート型のウイルス』を再び披露し、「本当に本当に本当に、みんなのことが大好きです!ありがとうございました!」と、が締めくくり、前夜祭は終了となった。

明日は、同じく国立代々木競技場第一体育館にて、「こじまつり~感謝祭~」が開催される。

ⓒAKS