林部智史、全国ツアーを発表「僕も今日まで知らなかった(笑)。」

2016年2月シングル『あいたい』でデビューし、年末には「第58回 輝く!日本レコード大賞 新人賞」「第49回 日本有線大賞 新人賞」を受賞したシンガーが、2月20日(月)東京オペラシティ コンサートホールにて、「デビュー1周年アニバーサリーコンサート ~あいたい~」を行った。

この日は20日~22日(水)と開催される3DAYSの初日だったが、2017年最初のホールコンサートということもあり、3日間のチケット約4,500枚はソールドアウト。デビュー直前の昨年2月22日(月)、東京国際フォーラム ホールCにおけるワンマンライブで1,500枚のチケットを即完売させた林部が、1年経って3倍のファンを集めることとなった。

DEF_2181トリミング

東京オペラシティという普段はクラシックの演奏が多いこのホールで、アコースティックな響きを生かした温かみのあるサウンドを表現するために、弦楽四重奏を含んだ本公演限定のバンド編成で臨んだ。

今尚ロングセールスを続けるデビュー曲『あいたい』を始めとするファンにはお馴染みのオリジナル楽曲に加え、カーペンターズ『雨の日と月曜日は』、ペドロ&カプリシャス『五番街のマリーへ』、オフコース『言葉にできない』など、1971年~2016年までの幅広い年代のカバー曲も披露。1時間50分に渡り全19曲を熱唱し、集まった約1,500人の観客を魅了した。

中でも発売されたばかりのセカンドシングル、テレビ朝日系木曜ドラマ「就活家族」主題歌となっている『晴れた日に、空を見上げて』を歌う際に、「身の回りにある小さな幸せに気付くことで、幸せなのではないでしょうか?という歌詞を書きました。僕もみなさんにとってのちょっとした幸せになれるように、これからも歌手活動を長く続けていきたいなという思いを、この歌に込めさせていただいています。」と語ると、一際大きな拍手が湧き起った。

アンコールでは、「僕も今日まで知らなかった(笑)。」と、5月末からスタートする自身最大規模となる13カ所に渡る全国ツアーを発表。

デビューから2年目を迎えた今年も、大きな飛躍を期待できそうだ。