NMB48上西姉妹のグラビア共演が実現
NMB48を初期から支えてきた姉、上西恵はすでに卒業を発表している。そしてこれからのNMB48を支えていく妹、怜。初めての2人だけの撮影に戸惑いながら、ふだんは素直に言えない思いを「FLASHスペシャルグラビアBEST 2017早春号」にて語っている。 -妹の怜さんがNMB48に入って8カ月になりますね。入った当時は心配でしょうがなかったのでは? 恵 そうなんです。でも、こんな短期間で人ってこんなに成長するんやなって。パフォーマンスも、いちばんできひんかったもんな? 怜 うん(軽くうなずく)。 恵 私もいちばんできなかったし、ダンスを覚えるのにすっごい時間がかかったんです。でも、怜はもうだいぶうまくなってるから、私より覚えるの早いんやなって思います。 -研究生のお披露目の公演も陰で見てましたね。 恵 あのときも本当にウルッてしてました。何もできひんかった妹が頑張って踊ってる!って思ったら、感動でした。 -お姉さんから直接指導とかは? 恵 あるなあ。「だからこうやん?話聞いてる?」とか、けっこう強めに言っちゃいます。 怜 怖いです…。でも、そのとおりにやったら、先生とかに褒めてもらったりするので。 恵 怜は怒られることは、私でだいぶ慣れてると思います。 -お姉さんは、家でどんな感じですか?部屋にカメレオンのぬいぐるみを置いてるとか? 怜 置いてます。うじゃうじゃいます。 恵 いっぱいおるなあ。 怜 私は無理です。なにがかわいいんやろ? って。 グラビアとインタビューの続きは「FLASHスペシャルグラビアBEST 2017早春号」