チキパ5周年記念ライブ 留学メンバーも登場?感動のステージ
チキパことCheeky Paradeが2月19日に結成5周年をむかえ、Shibuya O-WESTにて5周年記念ライブを開催した。 当日は昼夜2回公演。2016年、メンバーの山本真凜・鈴木真梨耶の2名がLAへ留学し、7名での新体制となってのCheeky Paradeで初めて迎える周年ライブ。 1部はなんと、公演前に、メンバーにそっくりで有名な(?)ガイナーこと「NURFY GUINER BIEBER」が登場。最新曲『Shampoo & Conditioner』をゲリラ披露するとCheeky Paradeの5周年のお祝いの言葉を残し、颯爽と去っていった。 粋なサプライズから始まった、1部。『恋テレポーテーション』『年上コイモヨヲ』『宇宙飛行センセーション』など、9人体制でのユニット曲を盛り込み、懐かしさあふれるセットリストで序盤から盛り上げる。ライブ終盤では、なんとLAに留学している2人から手紙が届いているとのことで、山本真凜の分を関根優那が、鈴木真梨耶の分を実の姉である鈴木友梨耶が朗読。 山本真凜は「ほんまは参加したかったから、ちょっとさみしいけど、5周年迎えられてよかった!みんなのおかげです。6年目のチキパの応援、宜しくお願いします!あ、最後の締めに・・・私料理始めました!今では卵焼きも作れます!元気なの伝わったかな?安心してな!」とコメント。 鈴木真梨耶は「伝えたいことがいっぱいあるんです!まずはHappy New Year2017!今年もチキパ、お姉ちゃん、離れていても真凜と真梨耶をよろしくお願いします!」とそれぞれの個性がたっぷり溢れる文面の手紙を送った。 その後披露された『Together』は、鈴木真梨耶がセンターのパフォーマンスが印象的な一曲。なんとメンバーは金髪ショートの真梨耶を彷彿とさせるウィッグをかぶったマネキンと、山本真凜のようなロングの髪の毛のマネキンの首を持ち出し、9人の『Together』をまさに再現。そこに2人がいるように明るい表情で、7人がパフォーマンスする姿に9人でのパフォーマンスが鮮やかに思い起こされる情景となった。 このサプライズは序章に過ぎず、Cheeky Paradeの5周年はステージの上の7人、そして留学中の2人の絆があふれる1日となってゆく。2部はなんと、山本真凜の歌い出しから始まる『M.O.N.ST@R』からスタート。新体制での歌唱ではなく、山本真凜の声が残されたヴァージョンで、会場の観客からはどよめきが上がった。なんと2部では、Cheeky Paradeに向けた手紙が、LAから届いた本人達の肉声で読み上げられた。1部とは異なる内容で、メンバーそれぞれに向けられた他愛のない言葉たちが、メンバーの胸にぐっと突き刺さる。 本編最後では、なんと旧体制以降披露していなかった、まさに9人の曲『WE ARE THE GREATEST NINE9’』が流れた。この一曲のために、当時の衣装に着替えて登場したメンバー。敢えて、新しい振り付けを付けることは無く、9人のステージのまま、そして山本真凜・鈴木真梨耶のソロもそのまま入った音源でエモーショナルに歌い上げる7人に、会場では、思わず涙がこぼれるファンの姿が多くみられた。 また、この日、新体制となって2作目の新曲『Shout along!』がお披露目された。4月26日にリリースされるこの曲は、昨年9月にリリースされた『Hands up!』に続き、アップテンポでロックな一曲。イントロからアウトロまで疾走感あふれるサウンドが癖になる一曲。また、同じくこの日初披露となった新衣装は、ピンクペースで可愛らしさがありながら、ビッグシルエットのメッシュパーカーとシャツスタイルが最先端のカルチャーを感じさせる。前作の“パジャマ”と同様に、今のトレンドを吸収し反映されているスタイリングが特徴的な衣装に仕上がっていた。 更に2部公演の最後には5月、6月に定期公演のLIVEシリーズが開催されることも発表された。5周年という節目の日に、場所は異なれど、結成以来変わらぬメンバー9人のステージをつくりあげたCheeky Parade。新曲・新衣装、ライブの発表含め、まさに過去と未来が絶妙に交錯する記念公演となった。