家入レオ凱旋ライブで「福岡は最高な街」
家入レオが、地元福岡の福岡国際会議場メインホールにて行われた「NHK・民放連共同ラジオキャンペーンin福岡『#フクラジ』ファイナル ~そばにおいで!ラジオ体感フェス」 に出演、約1000人の観客を前に凱旋ライブをおこなった。 NHK・民放連共同ラジオキャンペーンin福岡「#フクラジ」キャンペーンとは、2011年度からNHKと民放連が共同で取り組んでいるラジオキャンペーン。過去には東京、大阪、名古屋、東北、北海道と各地を回り、今回2016-17年度の舞台が福岡となっており、福岡にある6つのラジオ放送局(NHK/RKBラジオ/KBCラジオ/FM福岡/cross fm/LOVE FM)が、「ラジオを聴くきっかけと魅力あふれる番組づくりを一層めざしていこう」という発信を昨年8月にスタート。そのキャンペーンソング『そばにいて、ラジオ』(昨年発売4thアルバム『WE』収録)を、地元福岡出身の家入が担当しており、今回このキャンペーンのファイナルイベントに出演する運びとなった。 15時をまわりイベントがスタートすると、早速キャンペーンソング『そばにいて、ラジオ』を担当した家入が登場。「私の地元・福岡の景色を歌詞に盛り込んでいるんですけど、“ラジオ”というものが地元みたいに少しでも身近に感じてもらえたらいいなと思って曲を作りました。」と楽曲に込めた思いを話した。さらに、メジャーデビュー直前にあたる2012年1月から担当したcross fmでのレギュラーコーナー番組「家入レオのレオレオレディオ」にも触れ、「人生初めてのレギュラー番組を持たせて頂いて、ラジオのいろはを教えてもらって、そこでラジオの楽しさを知りました。」と5年前を振り返り懐かしむシーンも。 そして、イベントの最後を締めくくる形で家入のライブパフォーマンスがスタート。最初のMCでは「みなさん、こんにちは家入レオです!福岡元気?お正月以来の福岡なんですが、今週2月15日にデビュー5周年を迎えることができました!」と、地元福岡のオーディエンスを前に5周年への感謝を自ら報告。そして「地元である福岡で、このようなイベントに携わることができてすごく嬉しいですし、今日は少しでも会場に来てくれているみなさんにラジオを身近に感じてもらえるように私も一生懸命歌います!」とコメントすると、福岡ラジオ各局を通して今や耳馴染みとなった同イベントのキャンペーンソング『そばにいて、ラジオ』を自身もギターを演奏しながら歌唱、そのやさしさ溢れる歌声が会場中に高らかに響き渡った。その後も「地元・福岡に帰ってきて、こうやってライブができること、すごく嬉しいです。本当に福岡は最高な街だと思います!」など、地元への思いも話すと発売されたばかりの「5th Anniversary Best」にも、もちろん収録されているデビュー曲『サブリナ』や第95回全国高校サッカー選手権大会 応援歌『それぞれの明日へ』など全6曲を披露し、会場に集まった1000人を魅了した。 アンコールではラジオ各局パーソナリティから、「キャンペーンソング『そばにいて、ラジオ』もう1回聞きたくないですか?みなさん?聞きたいですよね?!」とのMCを受けて、観客はもちろんのこと各局のパーソナリティと共に改めて『そばにいて、ラジオ』を大合唱。大きな一体感に包まれた会場内に拍手と歓声が巻き起こる中、約3時間にわたったイベントは幕を閉じた。