SKE48「未来や希望を感じさせる」新曲をサプライズ上映
2月22日に4年半ぶりのアルバムをリリースするSKE48。リリースを前に既に神曲と話題のリード曲『夏よ、急げ!』MVのフルバージョンが、2月17日、チームKⅡ「0start」公演終了後、突如上映された。 『夏よ、急げ!』のMVはYouTubeなどの動画配信サイトにて「special edit ver.」として既に公開中だが、フルバージョンを公開するのは初めてとなる。上映に際し、終演後、ミュージックビデオについてメンバーからコメントが寄せられた。 松村香織は「ワンカットということで、後半の部分、私が一番間違えた部分を使われていた」と激白。「後半みんなとは一人だけ方向が逆のところがあるので、そこを是非見てもらいたい」と見どころを語った。 高柳明音は「最後に、みんなで空を見上げて何を思ったんだろう、って疑問でした。きっと革命の丘に駆け上がると明るい未来がやってくる、そしてみんなで革命を起こしていけるように、という思いが込められているのではないかと」とコメントした。 惣田紗莉渚は「『革命』にしては爽やかで元気な曲だと思っていましたが、ミュージックビデオは港という場所で撮影したことで、未来や希望を感じさせる場所で、みんなでワンカットという難しい事をやり遂げたということが、これからのSKE48に明るい未来が待っているんじゃないかなと思いました」とこれからのSKE48の活躍を予言するコメントを残した。