しょこたんとデスボイスがベストマッチ「AKIBA'S TRIP」ED第6弾
本日TVアニメ「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」のエンディングプロジェクト第6弾として、中川翔子の歌唱する『恋に新参!』が公開となった。 このエンディングプロジェクトはTOKYO MX、BSフジ他にて現在放送中のアニメ「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」の各話エピソードにあわせて書き下ろされた新曲を、参加するアーティスト10組がそれぞれエンディング担当として歌唱していくというもの。 『恋に新参!』の作詞はロックミュージシャンとして数々の楽曲を手掛ける筋肉少女帯の大槻ケンヂが担当。作曲・編曲は「ラブライブ!」などへ楽曲を提供する山田高弘が担当。更に今回は客演としてレディビアードも参加し、カワイイコアパフォーマーとして楽曲の世界に厚みを出している。 楽曲に関して中川翔子は「いつもいつでも、アニソンを歌うことが一番の夢なので、とても嬉しいです!」とコメント。レディビアードは「高いトーンのデスボイスと、翔子さんの高い声はベストマッチだと思う。是非、みなさん楽しんで聞いてください!」とコメントしている。 今までに公開された楽曲は全て、TVサイズ版ED映像がAKIBA’S COLLECTION特設サイトで視聴できる。 各エンディング曲は3月22日(水)に発売となるエンディングコンピレーションアルバム『AKIBA’S COLLECTION』に収録。 2017年5月20日(土)には神奈川県民ホールにてエンディング参加アーティストによるLIVEイベント「AKIBA’S FESTIVAL」の開催も決定している。チケット情報の詳細もAKIBA’S COLLECTION特設サイトにて掲載される。 <中川翔子 コメント> 今をときめく、フレッシュなアニソンアーティストのみなさまが集結する中、私を呼んでいただけるなんて本当に幸せ。いつもいつでも、アニソンを歌うことが一番の夢なので、とても嬉しいです! <レディビアード コメント> この曲のレコーディングは私をすごく興奮させてくれた。私にとって初めての「速さ」と「たくさん」の日本語の歌詞でした。私の日本語はあまり堪能でないので、レコーディングの前は心配でした。でも、スタッフのみなさん親切でした。だからできた! 高いトーンのデスボイスと、翔子さんの高い声はベストマッチだと思う。是非、みなさん楽しんで聞いてください! (C)2017 ACQUIRE Corp./AKIBA’S TRIP製作委員会