アプガ軌跡本発売、つんく♂からのメッセージに号泣
アップアップガールズ(仮)が、書籍「7 LIVES アップアップガールズ(仮)の生き様 UP UP GIRLS kakko KARI official documentary book」(KADOKAWA刊)の発刊記念イベントを2月14日、東京・SHIBUYA TSUTAYAにて開催。集まったファンに向けてメンバーがサイン本を直接手渡すとともに、バレンタインデーにちなんで、限定メッセージカード付きのチョコレートをプレゼントした。 イベント前には記者会見が行われた。同書はアップアップガールズ(仮)の結成から約6年の軌跡を、メンバーやスタッフ、親族の証言などから振り返ったもの。「結成して6年めで、まさか自分たちの本が出せるとは思っていなかった」と言う仙石みなみは、書籍の内容について「自分たちの思いがさらけ出されているし、私たちが小さいころのことも明かされていたりして、アプガのことが“丸裸”にされた本です!」と紹介した。 一方、新井愛瞳は「小林幸子さんやRENAさん(女性格闘家)との対談もあって、文字がびっしり 60万字…すみません盛りすぎました(笑)、10万字もあってかなり読み応えがあると思います」、佐藤綾乃は「日本武道館に至るまでのスタッフさんの話だったり、私たちも知らなかったことも載っています」とそれぞれアピール。書籍制作の裏側として古川小夏は「6年間、息をする暇もないぐらい突っ走ってきたので、インタビューでいつ、何をしていたのかを改めて思い出せた。楽しかったし、私たちにとっていい経験になりました」と振り返っていた。 質疑応答で2017年の目標について問われると、「2回目の日本武道館公演」で全員が一致。新井愛瞳は「 1回めはお客さんが4158人だったので、次は満員にしたい。1万人以上が目標です!」と高らかに宣言。関根梓も「アリーナにステージが作れないぐらい、お客さんを来てもらいたいです」と続けた。記者から「年末は?紅白歌合戦とか…」と話が振られると、メンバー一同「出たい~!」と声を合わせ、森咲樹からは「紅白歌合戦に出場してから、毎年恒例のカウントダウンコンサートに出るのも目標なので、それがかなうように頑張ります!」との力強い言葉も飛び出した。 そして記者会見の最後にはサプライズとして、総合エンターテインメントプロデューサー・つんく♂からアップアップガールズ(仮)へ届いたメッセージが発表に。「オーディションがあって、私たちをこの世界に入れてくれたのがつんく♂さん。本当に感謝の思いしかないし、まさかここでお祝いのメッセージを下さるとは…」(新井愛瞳)と、メンバーは涙を流しながら感激の面持ちだった。 なお、同書籍の出版記念イベント第2弾が2月19日(日)にも開催されることが決定。詳細は、アップアップガールズ(仮)公式HPなどで追って発表される。 <つんく♂スペシャルメッセージ全文> アップアップガールズ(仮)の皆さん、本の完成おめでとう。思えば出会ったのは約 13年前。小学生だったみんなもすっかり立派になりましたね。そこら辺に居るアイドルなら、きっと多分何度もくじけたり、諦めてしまうタイミングもあっただろうに、ここまで来る粘り強さ。これは一つの才能やね。これまでは楽しいより、悔しい、苦しい思いの方が多かったかもしれませんが、それがこの先のバネとなり、大きく羽ばたいてくれることと思います。楽しみにしています。 つんく♂