「ミーシャがミーナになった」MISIAが声優初挑戦で圧巻の歌声
まもなくデビュー19周年を迎えるMISIAが、ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントの黄金タッグによる新作アニメーション映画「SING/シング」(日本語吹替版)に、自身初の“声優”として起用されることが発表された。 本作は、日本を含む世界中で“ミニオン”旋風を巻き起こして全世界興行収入アニメーション映画史上歴代2位を記録した「ミニオンズ」や、興収40億円超えの大ヒットを記録した映画「ペット」など、ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントの黄金タッグによる新作アニメーション映画。 映画の舞台は、動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界――。取り壊し寸前の劇場支配人バスター・ムーンは、名劇場と呼ばれた頃の栄光を取り戻すため世界最高の歌を求めて一世一代のオーディションを開催することに。誰もが歌いだしたくなり、元気になれるミュージック・エンターテインメントとなっている。 本作は第74回ゴールデングローブ賞2部門にもノミネートされ、アメリカでは昨年12月に公開するとたちまち大ヒット。マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリー、ジェニファー・ハドソンといった豪華スターが夢の共演を果たし、ヒットソングや名曲60曲以上を披露し、世界興行収入を記録するほどの現象を巻き起こしている。 日本語吹替版の発表されている声優は、内村光良(コアラのバスター・ムーン役)ほか、長澤まさみ(ヤマアラシのアッシュ役)、スキマスイッチ大橋卓弥(ゴリラのジョニー役)、トレンディエンジェル斎藤司(ブタのグンター役)、大地真央(ヒツジのナナ・ヌードルマン役)ら総勢11名と、これ以上ないと思われる豪華声優キャストが並んだが、ミュージック・エンタテイメントを掲げている映画にふさわしいキャストとして、日本最高峰の歌姫としての呼び声の高いMISIAが起用されることが決定した。 MISIAが演じるのは、内気で極度のあがり症だが、歌い出すと誰もが聞き惚れる抜群の歌唱力を持つミーナ(ゾウ)。 字幕版の声優では、2016年度グラミー賞の最優秀新人賞にノミネートされて以来、世界中から注目を集める今期待の歌手、トリー・ケリーが務め、パワフルな歌声が世界中で話題となっている。 本物の実力を持つ歌手でないと歌うことができない、天使の歌声と呼ばれたジェフ・バックリィの名曲『ハレルヤ』、音楽界のレジェンド、スティービー・ワンダーの名曲『ドント・ユー・ウォーリー・アバウト・ア・シング』をMISIAは全身全霊で見事に歌い上げるなど、最高の見せ場となるシーンで、圧巻の歌声を披露。 初挑戦となった声優についてMISIAは、「吹き替えは初めての経験でしたが、自分と同じように歌が大好きで、しかもミーナちゃんが歌っている歌が、大好きなソウルミュージックばかりだったので、とても楽しみながら、吹き替えをさせていただきました。フリーテンポで歌っていたり、アカペラで歌っていたり、アドリブが炸裂したり。とにかくミーナちゃんは様々なスタイルで歌うシーンがあります。大変ではありましたが、とても『楽しい大変さ』でした。「ミーシャがミーナになった」ので、今回吹き替えにチャレンジしたことでミーナちゃん達と同じく『人生が変わるステージ』に私も立ったつもりで歌わせていただきました。新しいことにチャレンジすることは、人生が変わるステージに立つことでもあるなと思います。ストーリーはもちろんですが、登場する全ての動物たちが個性的で魅力的。全編を通してソウルミュージックが思い切り楽しめる、そして大人と子供が一緒に観れる素敵な映画です。是非、劇場で体感してください!」と語っている。 映画の公開に先駆け、MISIAが演じるミーナの『ハレルヤ』歌唱シーンが特別公開されているので合わせて是非チェックしてほしい。 その他、日本語吹き替え版の演出には、数々のアニメ作品などに携わる三間雅文、日本語吹き替え版音楽プロデューサーには数多くのアーティストの楽曲などを手掛ける蔦谷好位置、日本語歌詞監修には、数々のヒットナンバーを手掛けてきた、いしわたり淳治が加わるなど、日本の音楽界を代表する最高の布陣が実現。 超豪華な声優、そしてトップクリエイターたちが歌のチカラを最大限に引き出して誕生する吹替版への期待がますます高まりそうだ。映画「SING/シング」は3月17日(金)全国公開。 【映画情報】 「SING/シング」 ■監督/脚本:ガース・ジェニングス ■製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー ■配給:東宝東和 ■コピーライト:(C)Universal Studios. ■出演(字幕版):マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他 ◆吹替え版/演出:三間雅文 日本語吹き替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置 日本語歌詞監修:いしわたり淳治 ◆出演(吹替版):内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央