ゲーマーグラドル水沢柚乃 激戦の疲れ?「お布団からでません!」
大盛況のまま幕を閉じた「JAEPO×闘会議2017」では、様々なゲーム大会が開催され多くのドラマや今後も語り継がれるであろう名勝負が生み出されていった。そんな二日間の開催で、この勝負に最も息を呑んだという参加者も多いのではないだろうか。 闘会議2017ニコニコスペシャルステージの締めくくりを飾った、大型カードバトルゲーム『Shadowverse』(シャドウバース)のエキシビションマッチ。エキシビションマッチとは名ばかりのガチンコ勝負に登場したのは、RAGE優勝者・ま選手。このチャンピオンま選手を相手に2勝先取形式の先鋒・次鋒・大将戦を行おうというのだ。 まず先鋒として出場したのは声優、ゲーマー、ゲーム実況主としても大活躍しているグラビアアイドルの水沢柚乃。そんじょそこらのゲーマーには負けないという腕前で対戦に挑むと、接戦をものにする形でなんと見事な勝ち星スタート。その後2試合は為す術もなく惨敗となってしまったが、自身に目標と課していた1勝をま先取からもぎ取ったため表情は暗くなかった。 この流れから次鋒戦でも見事な勝利を収めたま選手だが、大将戦ともなると雰囲気が一変。相手が実力派ゲーム実況者“もこう”ということで、既に会場の雰囲気は王vs王の頂上対決。1試合目の序盤は頭脳と頭脳がぶつかり合う接戦ながらも、後半にはもこうの実力がスパークし、ま選手相手に圧勝。続く2試合目も最後の最後まで勝敗の分からない超接戦となるが、終盤に奇跡の引きの良さでもこうが勝利を手繰り寄せるという流れに会場やニコ生より惜しみない拍手が送られた。 イベントを締めくくる壇上で水沢柚乃は今後の実力向上のため、ま選手にアドバイスを求めるも「(言わなきゃならないことが)いっぱいあってわかんない」とまさかの辛口アドバイスが返り、ステージは最後の大盛り上がりとなった。 閉幕後のTwitterでは「明日は一日休みなので水沢お布団からでません!!笑笑」とプレッシャーからお疲れの様子が伺えた水沢。さらに帰りの電車まで乗り間違えてしまったようだが。まずはその終盤の気の緩みから引き締めてみるのはどうだろうか!?