倉持由香「おしりキャラがいない」ヴァルキリーコネクトイベントで
会場来場者6万8,459人、ネット来場者412万6,180人を動員を記録した「JAEPO×闘会議 2017」。家庭用ゲーム機向けから携帯ゲーム機向け、アーケード筐体にレトロゲームと様々なゲームが登場する。そしてスマホゲームだ。今回の闘会議2017にも様々なスマホゲームが登場し、どのイベントも大盛況となっていたのだが、一風変わったイベント内容で注目を集めたのが「ヴァルコネ闘会議フェス」。 グラビアアイドル界のおしり担当・倉持由香が鈴木咲とともにユーザーから送られた、総勢100体という新キャラクターを厳選し、実際にヴァルキリーコネクト公式ゲームキャラとして実装してもらおうという企画だ。 この模様はニコニコ生放送でも配信され多くの視聴者を集めたが、際立ったのはその応募キャラのクオリティ。画力はもちろんのこと、既存ゲームキャラとの裏設定や技の特性までが非常に作りこんであった。これには倉持も「このゲームバランスを壊さないけど、こんな能力が欲しいっていう点をホント突いてる」「回復系ほしいんですよね~」と絶賛。 この的確なキャラが続々と登場という流れに、イベントバランスを破壊しかねない“能力”をみせた倉持。なんと開発者のオゼキンこと尾関Pを壇上に召喚という離れ業を炸裂させたのだ。その後も倉持の攻撃ターンは続き、尾関Pに対し「このキャラ採用しましょうよ」とお気に入りキャラゴリ押しという技で攻め込むと、最後には「おしりキャラがいないじゃないですか!」とプロデューサーをぶった斬り。 これには尾関Pもたじたじとなり、おしりキャラ実装を本格検討するというまさかの展開に。この流れではキャラクターデザインコンテスト入賞作品だけでなく、倉持待望のおしりキャラ実装も間近か?