松坂・菅田ら登壇、映画大ヒット御礼舞台挨拶で起きた"キセキ"
公開3週目(2月11日(土)現在)にして8.5億を超える大ヒットを継続中の映画「キセキ ーあの日のソビトー」。 このたび、大ヒット御礼舞台挨拶が、2月12日、MOVIX仙台で行われ、ヒデの兄であり、プロデューサーを務める・ジン役の松坂桃李と、グリーンボーイズのリーダー・ヒデ役の菅田将暉、グリーンボーイズのナビを演じる横浜流星、同じくクニ役の成田凌、ソウ役の杉野遥亮が登壇した。 劇場にキャストを呼ぶ投票キャンペーン「キセキを呼ぼうキャンペーン」で1位に輝いたMOVIX仙台で実施された舞台挨拶。客席は満席で、松坂、菅田、横浜、成田、杉野らが280人のお客さんと『道』を合唱した。 『道』合唱の中、客席を合間をぬってキャストが登場。登壇者が現れるなり、会場を埋め尽くすほどの観客の大きな歓声が起こった。 それぞれ、次のように挨拶。 松坂「本当に仙台の皆さん有難うございますッ。4万5千票、すさまじいですね。」 菅田「(真・黄緑のスーツ着用)今日はグリーンでなく、ずんだカラーです。“ずんだまさき”です。」 横浜「本日は最後まで楽しんでいきましょう!」 成田「4万5千強票を代表して、今日ここにいる運のいいみなさん、その票分楽しんでいきましょう」 杉野「今日は寒い中足を運んでいただき、有難うございます!短い時間ですが楽しい時間を過ごしましょう」 監督「仙台の皆さん呼んで頂き、有難うございます!」 仙台でこれが好きだったというもの上げてほしいという質問に、 菅田、成田は「ずんだシェイクがめちゃくちゃ美味しくて、芸名変えようと思った」とご満悦の様子だった。 映画公開を受けての反響に対する質問には、 監督が「40年ぶりに幼馴染から家族で見ましたよと連絡がきました」と感慨深い様子。 また、戦国武将キャラ「ねこまさむね」くんからさらなるヒット祈願として“触れるとキセキが起こる”と言われる愛刀で、キャストがまさかの正座で注入される展開へ。最後はなぜか“喝”を受けた杉野遥亮だけ斬られる効果音が。杉野は「超痛かった~」と苦笑い。 そして、お客さんへのメッセージとして 菅田は、「ずっとグリーンボーイズとして“道”を歌いたいと思っていて、今日初めてみんなで歌えていい最後になったと思いました」と語り、松坂は「心から感謝しています。今日ここで一旦、舞台挨拶が終わりますが、皆さんの応援と愛情の支えで、ここ仙台で(舞台挨拶が)できたことを嬉しく思います」と語った。 また、この日の1回目の舞台挨拶でもキセキが起こった。 この日、舞台公演のため1回目の舞台挨拶の登壇は予定のない横浜は等身大パネルでの参加だったが、滑り込みで舞台挨拶終盤に登場。登壇中のキャストとハイタッチで舞台に登壇した。思わぬサプライズで会場がさらはさらにヒートアップした。 横浜が揃ったところで改めてアカペラで『道』をパフォーマンスするダブルサプライズにファンは大熱狂だった。 「(1回目の舞台挨拶に)間に合ったことがキセキ!」と松坂、菅田も驚き。 横浜は息をきらしながらも「ありがとうごございます、間に合ってよかったです!」と笑顔でファンに答えた。 本作は全国にて公開中。公開館数172スクリーンながらも興行収入10億円超えが確実視される。 映画『キセキ ーあの日のソビトー』 大ヒット公開中 (C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会 配給:東映