元Berryz工房 夏焼雅らPINK CRES.がバンコクで初の海外公演
東南アジア最大級の規模となる日本のポップカルチャーフェスティバル『JAPAN EXPO THAILAND 2017』が2月10日(金)~12日(日)に開催、タイの首都・バンコクの大型ショッピングセンターCENTRAL WORLD SQUAREの特設野外ステージにて、日タイ修交130周年という記念すべき今回、Berryz工房時代に何度もバンコクを訪れた夏焼雅率いる新グループPINK CRES.(ピンククレス)が、初の海外公演として11日のJAPAN FESTA STAGEに登場した。 2月11日18時(現地時間)、MCからの「 PINK CRES.!」のコールと同時に、オープニング映像がスタート。二瓶→小林→夏焼の順に大画面でメンバーが紹介された。夏焼雅の映像でオーディエンスは、大歓声。Berryz工房活動休止後2年近く経つが、夏焼はここバンコクでもその人気は健在だ。 日本でのライブでは馴染みの『Warning~未来警報~』からLIVEがスタート。この日PINK CRES.は、最新曲の『Tell me why』含め計6曲パフォーマンスを行った。またBerryz工房時代にタイの国民的スター【トンチャイ・メーキンタイ】の楽曲を数曲カバーしていたことから、当日も『Loving you Too much』も披露し、会場4000人のオーディエンスを大いに盛り上げた。 メンバーのライブMCでは、この日午前中からバンコクのプラチナムファッションモールやサイアムセンターなどで買い物を楽しんだ話、激安ショップやバンコクの若手デザイナーの洋服への話は現地観客の興味を示していた。またプライベートでも何度もバンコクを訪れている夏焼はソムタム(青いパパイヤのサラダ)へ思いや、感謝の気持ちとして覚えたての言葉「ラックナ・ジュップジュップ!(愛してるよ・チュッチュ!の意)」を話すと、バンコクの若者たちは大歓声。現地ファンのハートを掴んでいた。 終演後、二瓶の「バンコクのみなさんの優しさや盛り上がりが気持ち良すぎてすっかりハマっちゃった。また来年も来たい~!」という感想に、夏焼も「でしょ!ミヤがどれだけ今回のバンコクを楽しみにしてたか分かったでしょ?」と大興奮。そして小林は、「もっと自分の言葉で直接メッセージを届けられる様になりたい!」と既に次回出演を目標に掲げた。 PINK CRES.メンバーにとって、今後日本での活動へ大いに期待できるライブになった事は言うまでもない。 ライブに参加したBerryz工房時代から応援を続けている地元バンコクのファンは、「小林さん二瓶さんのパフォーマンスが予想よりもかっこよくてびっくりした。」、「早くもっといろんな曲を聴きたいです!」、「雅ちゃんに今よりもっとバンコクが好きなるところ場所を案内したい!」などの声が寄せられた。 尚、会場計4カ所のライブステージでは、日本で活動するアイドルやアーティスト・地元大学生によるカルチャーパフォーマンスやカバーダンスグループなどが出演し、この日だけでも約5万人を動員。 タイでも大人気のピコ太郎が会場を大いに沸かしていた。