指原莉乃、飯田圭織はモー娘。の中で「12番目」だった

」(日本テレビ系)2月11日放送へが出演した。モーニング娘。の熱狂的なファンの指原。この日、反省人として出演した飯田圭織に会え、「嬉しいです」と話しながら「この番組で憧れの人に会うとあんまり、いい印象に変わらないので嫌にならないといいです…」と嘆くと、有吉より飯田圭織が指原にとって「モー娘。の中で何位くらいなの」と質問されると「12番目くらいです」と謝りながら毒舌。飯田は「トレーディングカードを買ってくれてたらしいんですけど、わたしが当たるとすごい嫌で捨ててたって」とまさかの発言に指原も困り顔。

IMG_2470

そんな飯田、ブログにアップする食事が「ちくわ」ばっかりと言う、かなり変わった反省をしに。チーズinちくわや、ちくわの肉巻きなどちくわだらけ。「性格的に偏っちゃうタイプで」といい、子供は「もう、ちくわいらない」と言っているとか。本人は、ちくわばかりだったことを全く気づいていなかったと言い無意識だったという。現在は子供が「餃子が美味しい」と言ったということで、餃子ばかりになっているとか。

これに指原は「憧れていたのがモーニング娘。さんなので、卒業したメンバーの方のブログはよく見るんですけど後藤真希さんなんかはレシピ本なんかも出されたりしていて、ブログを見て、すごい幸せな家庭だなって、見るんですけどわたし、飯田さんがちくわばっかりなの知っててもうブログ見てないですいまは」と爆弾コメント。

現在は、日本ハムファイターズにハマっていると言うが、主人から「大谷選手のサインボールを貰った翌日くらいから騒ぐようになりました」とニワカだと暴露が行われた。

モーニング娘。の頃にセンターを狙ったが駄目だった理由を何故か指原に聞く有吉。指原は「なっちとごまき、っていうのが凄かったんです。そこがすごすぎたんだと思います」とファンらしい発言をした。

最終的に飯田圭織は禊ぎとして、ちくわ笛を習得することとなった。