桜田通が「嫌われる勇気」の実況Twitterに「なんにもわからないです(笑)」
Ameba「冬ドラマ密着編集部ブログ」は9日、ブログを更新し女優の香里奈が主演を務める連続ドラマ「嫌われる勇気」(フジテレビ系)に出演している若手俳優の桜田通が「自分の意見を言えないで死んでいくよりはマシ」と同ドラマのテーマでもあるアドラー心理学への共感部分を語った。 蘭子と同じ捜査一課8係のネットやSNSを駆使して行うデジタル捜査を担当する刑事・三宅隆俊役はとてもマイペースで、自分の空気を壊さないキャラクターを 演じる桜田通。 「自分の意見を言えないで死んでいくよりはマシ。「嫌われる勇気」三宅隆俊役の桜田通さんインタビュー」と題したブログには、「あえて他の方々との会話に乗らないように意識して演じている」と語ったが、第3話の青山が蘭子に投げられる柔道シーンについて「撮っていたら三宅っぽいかな~」と、その場で思いついてやってみました。オンエアを見たら案外分からなかったんですけど(笑)。」と撮影裏話も披露。 さらに、ネット上で噂になっている「ドラマ放送日にドラマの実況をするTwiiterがある」ことについては「僕は存じ上げないですね、なんにもわからないです(笑)。 噂には聞いているんですけど…なんなんですかね(笑)?」と、笑って答えてくれたが、桜田通が演じる三宅隆俊を名乗るTwitterアカウントでもあり、なぞは深まるばかりだ。 同ドラマのテーマでもあるアドラー心理学については、「人が怒って大声を出すのは、相手に納得してもらうという目的のために怒りの感情を利用しているだけ」(第2話)に共感したことや、桜田通自身は「蘭子」のように「空気を壊してでも自分の意見を言っていくようなタイプ」とし、「自分の意見を言えないで死んでいくよりはマシ」と本音を明かした。