台湾発4人組「noovy」日本初のリリイベにあたたかい声援
台湾出身・平均年齢19歳の4人組バンド「noovy(ヌーヴィー)」が自身初のCDを2月8日にリリース。その記念すべきリリースイベントがHMV&BOOKS TOKYOにて開催された。 5曲をアコースティックセットで、集まったファンを前に披露したnoovyは昨年2016年9月にSonyMusic台湾よりメジャーデビュー。 台湾ではその甘いルックスとJ-POPとC-POPがmixされたサウンドが話題となり、若い女性の間で人気となっている。 日本でもその活動の場を広げるべく、2017年の1月から日本に短期滞在中である。滞在中にインディーズ盤の自身初・シングルCDを1000枚を完売させることを目標にしている彼ら。都内のライブハウス、HMV&BOOKS TOKYO、HMVエソラ池袋で定期的にライブを重ねながら、彼ら自身が手売りをしていく予定だ。 記念すべきリリースイベント初日となった2月8日、やや緊張した様子で登場した4人。つたない日本語で一生懸命にMCをする姿に、集まったファンもあたたかい声援を送った。 日本ではまだそれほど知名度のない彼らのライブに、既にファンが集まっているという事実は、noovyの新たな挑戦が素晴らしいスタートを切ったことを表している。1000枚限定のシングルCDは、発売日の2月8日を持って65枚の販売となり、この予想を超える売り上げに対して4人も驚きを隠せない様子だった。 3月31日まで20本以上のライブ出演が予定されているが、全ての会場にてCD購入者対象の特典会も用意されており、特典も毎会場変わる事が予定されている。 ライブ日程、その他詳しい情報に関してはオープンしたばかりの日本語版オフィシャルHPを是非チェックしてみよう。