GReeeeN 7年2か月ぶりの週間ALランキング1位

による、初のシングルコレクション『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』が、今週発表の最新オリコン週間アルバムランキング(集計期間:1/30~2/5)で1位を獲得した。

がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得するのは、なんと『いままでのA面、B面ですと!?』(2009年11月発売)が達成して以来7年2ヶ月ぶり。

ジャケット-(小)

は今年1月24日にデビュー10周年を迎えた。
1月7日には自身最大規模のさいたまスーパーアリーナ公演<あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル〜デル〜デ♪>に1万6000人が集まり、1月28日に公開されたの結成やデビューを描いた映画「キセキ ーあの日のソビトー」(松坂桃李、菅田将暉 W主演)も大ヒット中。劇中に登場するグループ「グリーンボーイズ」によるカヴァーもオリコン週間シングルランキングで4位になるなど、自身のシングルコレクション『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』のヒットも含めて、最近、に関する話題が事欠かない状況となっている。

はデビュー前、メンバーは歯科医師を目指す大学生であったことから学業との両立のため「顔を出さずに音楽活動をする」ことをレコード会社に条件として提示。まだSNSが未成熟であった当時、メディアに出演することがプロモーションであり、顔を出さずに音楽活動をすることは不可能に近い、とレコード会社社内でも言われてきた。彼らは大学を卒業し、歯科医師になって以降もそのスタンスを守っている。

しかしながらデビュー10年にして多くのユーザーに支持されていることは、どうやら顔を出していないことと無関係ではなさそうだ。
顔を出さないからこそ、彼らのライブは最新のVR技術を使ったエンターテイメント空間を生み出すことができ、人気俳優が演じる映画に感情移入できることや、その劇中のグル―プ「グリーンボーイズ」がヒットしていることにも起因していると考えられる。

また、はその楽曲および歌詞が支持されたグループであり、何より、顔を出せないからこそ永遠に“青春”を歌うことができるグループ。
いつまでも瑞々しいそのメッセージにより、ドラマ主題歌、CMソングなどのオファーも多く、昨年も日本テレビ系ドラマ「家売るオンナ」(主題歌:『beautiful days』)、フジテレビ系ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」(主題歌:『暁の君に』)と2クールにわたり、ドラマ主題歌を担当していたことも話題となった。

デビュー10周年を迎えてなお、その魅力は色褪せることなく、また新たな輝きを見せてくれる、の今後にも注目だ。