デビュー10周年を迎える飛鳥凛の女優としての魅力
2月6日に、デビュー10周年を記念して制作された自身初の写真集「凛」が発売となり、今週末の2月11日に、主演映画「ホワイトリリー」が公開となる飛鳥凛。 「ホワイトリリー」は、ロマンポルノの誕生45周年を記念した再起動プロジェクトの1つで「リング」などホラー映画の名匠・中田秀夫監督がメガホンを撮った作品。本作は、昨年の第22回釜山国際映画祭でワールドプレミア上映され、3月31日からはスイスのフリブール国際映画祭での上映も決まっているほか、香港をはじめとする海外での公開も決定している。 今週末いよいよ日本での公開となり、飛鳥凛がロマンポルノ初主演にして、初めて濡れ場に挑み、初めての自慰シーン、初めての女性とのラブシーンという初体験づくしの作品に期待と注目が集まっている。 この作品で、女優・飛鳥凛の数々の「役者バージン」を奪った中田秀夫監督は、飛鳥凛について「背もすらっと高く、また美しく強い瞳を持っている女優さんだと思いました。そしてその瞳には『必ずこの主役 を射止めてみせる!』という固い意志が宿っていました。他の100名近いオーディションにいらした女優さんたち も同じ思いだったと思いますが、やはり、男女双方の視点から見て“惹きつけられる美しさ”を持ってらっしゃる」と語り、大絶賛。 発売された写真集には「思わず嫉妬を覚えた。私の知らぬ、大人の飛鳥凛。」とコメントを寄せている。写真集「凛」は、映画「ホワイトリリー」のアフター&サイドストーリーをイメージして制作。映画の余白を埋める作品となっている。雨の温泉街、旅館の浴場、古びたバーや、人目につかない入江や砂丘など、昭和ロマンポルノの世界観を漂わせながらも、そこに佇む飛鳥凛が現代的な頭身の美しい肢体をさらすことによって、詩的でエロティックな情感溢れる写真集に仕上がっている。