指原莉乃の声優アイドルプロデュースは成功するのか?
HKT48の指原莉乃が、アイドルグループをプロデュースすることを発表した。これまでも大小様々な企画でアイドルたちはプロデュースされ、中にはイベント限定で一夜限りものから、巨額の費用を投じての一大プロジェクトなど数え切れないほどのアイドルグループが誕生してきた。その中で、満を持してトップアイドルがアイドルをプロデュースするグループとして「声優アイドル」を作り出す。 アイドルがアイドルをプロデュースすることはこれまでも企画としてあった。しかし、現役の最も知名度の高いアイドルである指原がプロデュースするということは、非常に興味深い。しかも、指原のルーツである「ハロー!プロジェクト」とは若干離れたジャンルとなる「声優アイドル」ということで、果たしてどんなアイドルが出来上がるのか? これまでも、元アイドルが声優として活躍するパターンは多く、AKB48でも「AKB0048」など声優関連プロジェクトもあり、卒業メンバーでも佐藤亜美菜、秦佐和子は声優として大活躍をしている。これらの企画に指原は、公式発表上では殆どと言ってもいいほど関与はしていない。 さて、指原莉乃というアイドルは、ここまで逆境を乗り越えて人気を獲得してきた。自身も今ではネタにするスキャンダルをバネにし、HKT48で存在感を示しメンバーとして、そしてプロデューサーとしての才能を開花させた。コンサートプロデュースや若手育成に一役も二役も買っているその手腕は、運営とファン、そしてメンバーの気持ちを上手くすくいあげ、絶妙なバランスでHKT48を盛り上げていく。指原がこれだけの人気を獲得したのは、驚異的なバランス感覚を持っていることが非常に大きいと考える。 カワイイだけでも駄目、パフォーマンスが圧倒的でも駄目…では、トップアイドルに何が求められるのか?それは、バランス感覚に他ならない。テレビ出演時のバランス、ライブやコンサートでのバランス、PRでメディアに出る場合のバランスなど、常にアイドル…いや、どの芸能人にも言えることだが、バランス感覚がないと成功することは絶対にできない。指原の人気が納得できない、というアンチも非常に多いが理解できないのはこのバランス感覚が見た目にはすぐに感じられるものではないからだ。「可愛くないくせに」「面白くないくせに」などSNSで指原を攻撃する際によく見かける書き込みだが、的を得ていないのはアイドルに大切なバランスと言うものを理解できていないからだ。 さて、では指原が「声優アイドル」を成功に導けるのか?当然、ここで答えを出すことなど出来るはずないが、今までに見たことも感じたこともない「声優アイドル」が生み出してくれる期待は非常に大きく感じる。指原の活動から「声優」が結びつかないが、アイドルに関しては筋金入りの「ハロプロヲタ」として知られるだけに、今の時点ではアイドルの要素に声優を上手く組み合わせることが予測されるが、そんな我々の考えも越えてくるのが指原莉乃だ。しっかりとアイドルと声優を両立させるバランスでこのプロジェクトを成功させるだろう。 声優もアイドルも非常に特殊なジャンルで、濃いファンを持つ。それだけに、しっかりと両方を成立させるのはかなり難しいと考える。これまでも、声優としてしっかりとした人気を得た上で、「アイドル的な人気」を持ったアーティストはいたが、アイドルをしながら声優で活躍することを成功させた例は聞いたことが無い。それだけ男女問わずに「声優アイドル」というジャンルは狙って作ることは非常に難しい。 だからこそ、これまでも批判の声をその感性とバランス感覚で打ち壊してきた指原が、新しい形の「声優アイドル」を作り出してくれることを期待したい。(編集部/高橋学)