内田理央 肉食系婚活女子パラリーガルを熱演

現在放送中の日曜ドラマ「大貧乏」(フジテレビ系)にて“元ヤンママ”役を好演し話題の女優・が、3月の金曜ロードSHOW!にて放送される、特別ドラマ企画「北風と太陽の法廷」(日本テレビ系)に出演することが明らかになった。

は、「仮面ライダードライブ」(テレビ朝日系)にて、ヒロイン・詩島霧子役を演じ本格的に女優デビュー、その後、女性ファッション誌「MORE」の専属モデル、大胆なグラビアを披露した写真集の発売、“ポジティブ女子”を演じたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)への出演など、女優業を中心に様々なジャンルで活躍をしている。

出演をする「北風と太陽の法廷」は、冷徹で容赦なく相手を叩きのめす【北風】のような弁護士・櫻川風香(さくらがわ・ふうか、波瑠)と、温かく癒し系で相手の心をほどいていく【太陽】のような弁護士・麹谷陽太(こうじたに・ようた、岡田将生)が、「絶対に別れたい夫」と「絶対に別れたくない妻」の双方の代理人として離婚裁判で戦う、法廷を舞台にしたスペシャルドラマ。

写真②

は、勝率10割の「無敗」の冷徹弁護士・風香が勤務するゴールドウィング法律事務所のパラリーガルで肉食系婚活女子・大村真由子(おおむら・まゆこ)を演じる。

同作への出演に際し、内田は、「波瑠さん演じる風香さんが男嫌いでクールな役柄なので、真由子は逆に女子力高めの女の子というのを意識して演じました。このドラマはもちろん裁判の行方がみどころなのですが、私は真逆な性格の風香さんと陽太さんのやり取りにすごくキュンキュンするので、2人の恋模様にも是非注目して欲しいです!」とコメント。

今年は、1月期の連続ドラマ「大貧乏」(フジテレビ系)にて3人の子どもを育てる“元ヤンママ”役で出演するだけでなく、ドラマと映画が制作される「トモダチゲーム」においてヒロインとしての出演を控えるなど、彼女の“女優”としての快進撃は止まらない。