卒業発表の藤江れいな、青春時代は「もう全てAKB48グループだった」
NMB48劇場にて開催された新チームBⅡ「恋愛禁止条例」公演初日にて藤江れいなが、グループからの卒業を発表した。 藤江れいな、「今日は私から皆さんにご報告があります。私、藤江れいなはNMB48を卒業します!今年の5月で48グループに加入してから丸10年になります。そろそろひとり立ちするにはいいタイミングかなと思い卒業を決めました。せっかくの新チームBⅡ公演スタートの日に発表となってしまいごめんなさい。まだはっきりした日にちは決まってないですが、その日まで精一杯このチームを盛り上げて、りなっち(久代梨奈)キャプテンをサポートして行けたらなと思ってます。まだしばらくいますので、色々悩んだりもしてるみたいなので、りなっち何かあったら相談してね!この新チームBⅡに少しでも何かを残せるように、メンバーと力を合わせて頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いします。ちなみに、今日の卒業発表に至るまでの心境今後の活動については、映像にまとめて、私の23歳の誕生日の明日2月1日0時にアップしますので、ぜひ見てください!よろしくお願いします。」とコメントした。 そして、その映像が、予告通りに2月1日になったと同時に公開された。 「13歳からAKB48グループに加入して、わたしの青春時代を考えてみたら、もう全てAKB48グループだったな…わたしにとってすごく幸せな時間でした」と話し始める藤江。 NMB48メンバーに伝えたいこととして、「いや、もうたくさんあるんですけど、NMB48のメンバーは私のことを先輩だと思っていないんですよ。例えばMCのときにも鋭く突っ込んできたりとか、NMB48の最年長だからっておばさん扱いされたりだとか(笑)、卒業までには何か一つでも先輩らしい姿は見せたいです」とコメントした。 最後に今後について、「10年間アイドルを続けてきたのでメンバーと離れるのも、ファンの皆さんに今までより会える回数が減ってしまうのもすごく寂しいなと思うところはたくさんあるのですが、今までやってきたことは今後にも絶対生きると思うし、わたしは卒業した後、女優さんになりたいと思っているので、演じている姿をたくさんの方に観てもらうためにも、もっともっと色々なことに挑戦していきたいと思います」とコメントした。 卒業時期は、未定となっている。 写真(C)NMB48