規格外JKラッパーちゃんみなが「FXXKER」でメジャーシーンに殴り込み
JKラッパー「ちゃんみな」が、3月8日にリリースされるメジャー1stアルバム『未成年』からの先行配信シングル『FXXKER』のミュージックビデオを公開した。 このMVは、ちゃんみな本人が考案したアイデアをもとに撮影され、過激なタイトルにも劣らない挑発的なラップとハードな世界観が存分に発揮された映像作品となっている。オネエダンサーと供にキレのあるダンスを披露する姿は必見だ。なお『FXXKER』は2月1日から先行配信がスタート。 現在18歳のちゃんみなは韓国をルーツに持ち日本語、韓国語、英語を話すトリリンガル・ラッパー/シンガー。昨年4月に開催された「第9回BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」への出演を機に脚光を浴び、卓越したラップスキルと不敵なキャラクターで、全国ネットのテレビでも多数取り上げれる程の注目を集めている。 そんな彼女のメジャーデビュー作『未成年』には、Ryosuke “Dr.R” Sakaiプロデュースによる『FXXKER』をはじめ、YouTube再生回数140万超えの『Princess』のニューミックスバージョン、さらにDAOKO『ダイスキ with TeddyLoid』のアンサーソングとして話題となったTeddyLoid『ダイキライ feat. ちゃんみな』などを含む全11曲を収録。そして3月27日(月)には、このメジャーデビュー作『未成年』のリリースを記念した“卒業ライブ”を代官山UNITで開催することも決定している。