EGOIST×マイケル・アリアス監督 コラボSPムービー期間限定公開
夭折の作家、伊藤計劃氏の小説「虐殺器官」、「屍者の帝国」、「ハーモニー」の映画公開に先駆け、主題歌の『リローデッド』を歌うEGOISTが、マイケル・アリアス監督とコラボしたスペシャルムービーを期間限定で公開されることが決定した。 このスペシャルムービーは、【Project Itoh】シリーズの中の1作である「ハーモニー」の監督、マイケル・アリアスが特別に制作。「「虐殺器官」を、なんとなく呼び起こすことのできるスペシャルムービーが作れたら良いと思った。もう一つの目標は、「虐殺器官」の世界感と「ハーモニー」の世界感を結びつけ、その共通バックストーリーを少し味わせる事だった」とマイケル・アリアス監督は語り、本編とはまた違った【Project Itoh】の世界を想起することのできる、ムービーとなった。 スペシャルムービーは2月10日(金)までの期間限定公開となるため、見逃さずにチェックして頂きたい。 ■マイケル・アリアス監督 コメント全文 EGOIST’s electronic music employs a palette of abstract, synthetic sounds, so it made sense to create a music video for the song “Reloaded” using abstract, synthetic visuals. I also wanted to create a music video that “evokes” Genocidal Organ without actually showing excerpts from it,like so many film-soundtrack music videos. Another goal of mine was to link the world of Genocidal Organ, and that of Harmony (which I directed with Takashi Nakamura), and suggest some of the backstory that the two stories share. I want the stock footage, analog style video distortion, and military-style imagery to hint at themes from Genocidal Organ. On the other hand,the information graphic, motion graphic, and procedurally-generated sequences, should feel like they belong to Harmony (and in fact, I used variations of techniques I developed for Harmony). …Michael Arias, January 2017, Tokyo EGOISTの音楽は、人工的で抽象的な音源から構成されているから、『リローデッド』のスペシャルムービーを作るにあたっても人工的で抽象的な映像をベースにした。それに、本編の映像をそのまま使うような、映画音楽のPVのようなありがちな形ではなく、「虐殺器官」を、なんとなく呼び起こすことのできるスペシャルムービーが作れたら良いと思った。 もう一つの目標は、「虐殺器官」の世界感と「ハーモニー」の世界感を結びつけ、その共通バックストーリーを少し味わせる事だった。ストック映像、アナログ風ディストーション、ミリタリーっぽいイメージなどは、「虐殺器官」のテーマのヒントになってほしい。一方で、インフォグラフィック的な映像やプロシージャル生成(アルゴリズムによる自動作成)の映像は、「ハーモニー」の世界へのリンクになれば良いと思う(実は、この中で「ハーモニー」用に開発したテクニックを使用している)。 …マイケル・アリアス 2017年1月 東京にて