「キセキ ーあの日のソビトー」スクリーンアベレージ1位の大ヒットスタート
上映館数が300館クラスとなる大作が続々公開された中、上映館数157館の「キセキーあの日のソビトー」がスクリーンアベレージ1位、土日の全国映画動員、興収ランキング2位を記録する好調なスタートをきった。 メイン館となる丸の内TOEIや新宿バルト9をはじめ、多くの上映館で満員続出の順調な興行となり、興行収入は10億円超え確実、最終的に15億円を期待できる成績となっている。 劇場には、中学生から社会人、親世代までと、幅広い客層が詰めかけており、男女比は4:6で女性が上回った。ツイッターなどSNSでは「心が洗われた」「ところどころ泣いてしまった」「とても優しい映画」「音楽の力ってすごい」と絶賛のコメントが溢れ集客効果を高めているようだ。 松坂桃李、菅田将暉のダブル主演で描く、2つの夢を追いかける本当にあったキセキの青春物語、映画「キセキ-あの日のソビト-」。GReeeeNの名曲『キセキ』誕生にまつわる秘話をベースとし、注目の俳優陣が全力で演じきった超爽快な青春ムービー。 劇中から飛び出した菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮からなる「グリーンボーイズ」は、GReeeeN10周年記念LIVEにゲスト出演。1月24日にCDデビューを果たし、オリコンデイリーランキング・シングル部門(アルバム部門はGReeeeNのシングルコレクションが1位を獲得!)をはじめ、iTunes、LINE MUSICなどで軒並み1位を獲得するなど、多くの注目を集めた。 (C)2017「キセキーあの日のソビトー」製作委員会