乃木坂46 17thシングル選抜メンバー発表、センターは西野&白石

29日深夜放送の「乃木坂工事中」(テレビ東京)にて、 17thシングル選抜メンバーの発表があった。

16thシングル『サヨナラの意味』では、史上初のミリオンセラーとなり、2月でグループを卒業する橋本奈々未が最初で最後のセンターを務め、はなむけとして最高の結果を生んだ。2017年は、2月でデビュー5年を迎え、さらに高みを目指す重要な1年。その最初を飾るシングルとなる。

17thシングル選抜メンバーは21名となり、センターは2人と発表された。

original

3列目は新内眞衣、井上小百合、寺田蘭世、北野日奈子、伊藤万理華、星野みなみ、斉藤優里、樋口日奈、中田花奈。

2列目、若月佑美、高山一実、生駒里奈、生田絵梨花、松村沙友理、桜井玲香。

前列には、秋元真夏、衛藤美彩、堀未央奈、齋藤飛鳥が、そしてセンターは西野七瀬と白石麻衣が選ばれた。

2期生寺田はうれしい初めての選抜入り、斉藤優里は1年半ぶり、樋口は2年9か月ぶり、中田は実に3年半ぶりに選抜に復帰した。3度目のセンターとなる白石は「新しい体制になったし、この1発目でしっかり形を作って、いいシングルになったらいいなと思います」と語った。