I乳天木じゅん「おっぱい相撲」で横綱の貫録
フジテレビにて絶賛放送中のゲームバラエティ番組「佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議~」。 フジゲームス関連会社の名誉会長を務める大久保佳代子の豪華な会長室を舞台に、秋山竜次(ロバート)や女優・武田玲奈が秘書、そして水着姿の宣伝部員が集結し、夜な夜な会議を繰り広げるこの番組。ファン急増を裏付けるように、秋山から「タクシーのドライバーさんが”今一番好きな番組”、羨ましいなあ」と興奮気味に言われたという報告が。地上波では数少ない”おっぱいがいっぱい”な番組として密かな楽しみとしている諸氏が多い。 ゲームのプロモーションにもセクシーな”撮影会でゲーム実況”など、わくわく企画も多いが、大久保が宣伝部員のおっぱいをチェックするコーナーの潜在的な人気は相当なもの。26日深夜放送では、「週刊プレイボーイ」(集英社)の美巨乳審議委員会が選ぶ”おっぱい番付”の2016年版に、宣伝部員の忍野さら、石原佑里子、天木じゅんの3名が幕内に名を連ねているという話題に。大久保は「私は実際手で触れて、弾力、柔らかさ、目の当たりにしてますから、私の方が絶対分かると思う」と言い切った。そこで部員3人のおっぱいチェックが行われることに。 先ずは東の前頭、Gカップ忍野から、黄色のビキニのぷるるんバストを「私の頭が被らないようにね」と細かい配慮をしながら揉み揉み。「寄り切り!」と技を決めると、「この子は、程よい硬さと重みがあって、垂れてない」との評価。突然「ここでしょ?」とトップの位置を素早く当て、これには忍野も頬を赤らめて笑うしかなかった。 続いて西の前頭、Fカップ石原には「うっちゃり!うっちゃり!」と突っ張り稽古のような動作、石原は「くすぐったいです♡」と悶絶。「柔らかくてしっとりした肌質なので、男性がすっごい好きだと思う」と評価。石原にも「ここでしょっ」とトップをつん。「正解♡」と照れ笑いの石原を見て、秋山も嬉しそう。そして、東の横綱Iカップ天木には「これはすごい!ふわふわしてる!とたわんたわんさせ、朝・青・龍!」とハイテンション。大久保会長のさすがの審議委員ぶりに舌を巻いたメンバーだった。 「ゲームのことやってませんよ」という秋山の心配をよそに、「おっぱい相撲しましょう」と暴走が止まらない大久保。おっぱいの圧力で相手を土俵外に出せば勝ちとなる。トーナメント式で行われ、横綱の天木がシード。Dカップの西村麻依と有野いく、Fカップ石原とGカップ園都が1回戦を戦い、おっぱいがぷるんぷるんぶつかり合う神映像に、行司役秋山も大興奮。対戦は順当に勝ち上がった石原が横綱天木に挑んだ。激戦の結果、Iカップの迫力で石原を圧倒した天木が”乳突き出し”で撃破。見事優勝の栄冠に輝いた。惜敗した石原は「おっぱいが顔まで来た」とIカップ”天乳”の迫力に驚いていた。 おっぱい8割、ゲーム2割の”ゲームバラエティ”だが、この楽しさは半端じゃない。次週の放送も大いに期待したい。