RADWIMPSが「君の名は。」英語Ver.で特に好きな楽曲とは

今春4月7日(金)【予定】に北米公開がついに決定した映画「」。

いまや国内だけでなく海外でも高く評価され歴代の記録を塗り替え続けているこの映画のすべての音楽を担当したが新たに書き下ろした英語主題歌4曲が、本日からiTunes、レコチョクほか主要サイトで配信がスタートした。

Print

英語主題歌は『Zenzenzense(English ver.)』含む全4曲。

映画『』は主人公・瀧とヒロイン・三葉の恋の物語とが奏でる主題歌が濃密にリンクする作品につき、英語圏で本編を鑑賞する方々へも、映画と音楽が深く絡み合う「」の世界を最大限に楽しんでもらいたいという想いから、ボーカル・野田洋次郎が原曲のメロディに合わせて日本語詞を元に新たに英語詞を書き下ろした。

特に『Sparkle(English ver.)』は、ボーカル・野田洋次郎が自身のTwitter上で「どの曲も英語バージョンは思い入れがあるけれど、スパークルは特に好き。もう別物として光を放って、不思議な体験でした。」とつぶやくほどの仕上がりで、昨晩J-WAVEで初オンエア解禁をしたあとにも、非常に大きな反響を呼んでいる。

英語主題歌4曲は、2月22日(水)にはCDのリリースも決定している。

さらに、映画の北米公開決定を記念し、英語主題歌4曲を使用した英語主題歌版本編(※台詞は英語字幕付き)が、明日1月28日(土)から2週間限定で特別上映することも大決定しているので(全国の一部劇場にて。※詳しくは『』オフィシャルホームページ にて)、是非この機会に劇場に足を運んでほしい。

は来月2月25日(土)福岡・マリンメッセ福岡を皮切りに、ニューアルバム『人間開花』を引っ提げた全国ツアー「Human Bloom Tour 2017」をスタートさせる。