DISH//の龍二、昌暉が生誕祭でシャンパンタワーも
DISH//メンバー龍二と昌暉の生誕祭が1月22日に、かつしかシンフォニーヒルズ・モーツアルトホールで開催された。 イベントは2部に分かれて実施され、第一部に「RYUJI 20th Birthday party~リベンジ!今年こそ本物のスーパーヒーローになるぞ!~」、第二部に「MASAKI 19th Birthday panty~PPAP、パンティーパンティー愛のパンティー~」が行われた。 「RYUJI 20th Birthday party~リベンジ!今年こそ本物のスーパーヒーローになるぞ!~」では龍二が2階席から紙皿を撒きながらサプライズ登場。続けて披露した『GRAND HAPPY』では歓喜の声で溢れ会場は龍二一色。 改めてメンバーから祝福された龍二のもとへは、シャンパンタワーが登場。2017年に成人を迎えた龍二が、会場からの「注いで注いで」のコールが沸き起こる中、シャンパンをタワーに注ぎ入れ、やんちゃな野生児らしいお祝いとなった。 その後、少し照れながらピアノセッションでのソロ(カバー曲)を披露するなど、普段は見せない姿でスラッシャー(ファン)を魅了した龍二。最後に「20歳になっても19歳と変わらずストイックに夢に向かっていきたい」と二十歳の決意を語った。 第二部の「MASAKI 19th Birthday panty~PPAP、パンティーパンティー愛のパンティー~」ではソロ曲『Pa Pa Pa パンティー!』にのせながら客席から登場した昌暉。 バースデーケーキはロウソクを消した途端に、他メンバーに食べられてしまうという、いつものいじりを受けながらもソロ歌唱パートでは昌暉らしい選曲で自ら作詞作曲した『僕の太陽』含む4曲を見事に歌い上げた。最後は再び『Pa Pa Pa パンティー!』の大合唱でパンティースターらしさを存分に魅せつけてくれた。 そんな昌暉は「この19年の積み重ねが今日のステージに繋がったと思うと、とても幸せです。10代最後の1年も皆さんと一緒に、今日の様な幸せな時間を過ごしたいと思います。」とコメントし締めくくった。