チャランポ「逃げ恥」OPの吹奏楽Ver.公開&楽譜無料配布も
大ヒットドラマ「逃げ恥」オープニング曲やミスチルとのコラボ曲などを収録した“ほぼ”アルバム『トリトメナシ』を発売したばかりのチャラン・ポ・ランタン。 「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者である海野つなみがドラマを観た際、「高校野球の応援歌は、チャランポさんの『進め、たまに逃げても』でもよさそう。」とツイッターで発信した事と、同ドラマの主題歌である星野 源『恋』が第89回選抜高校野球大会の入場行進曲に決定した事を受け、とある企画が発案された。 その企画とはチャラン・ポ・ランタンが担当した「逃げ恥」のオープニング曲『進め、たまに逃げても』の吹奏楽部用にアレンジした楽譜を無料配布するというもの。 更に、この楽曲を高校野球の応援で演奏してくれる吹奏楽部の中から選ばれた学校へ“1日吹奏楽部 部長”として演奏指導をしに行くという。(チャラン・ポ・ランタン小春は高校時代吹奏楽部に所属。担当はサックス。) ただいまYouTubeには参考映像としてチャラン・ポ・ランタンとそのツアーメンバーによる『進め、たまに逃げても』の吹奏楽ヴァージョンがアップされている。 楽譜の配布方法などは後日チャラン・ポ・ランタンの公式サイトで発表されるという。 甲子園でも「逃げ恥」の主題歌とオープニングがドラマを盛り上げることになるかもしれない。 なお、チャラン・ポ・ランタンは4/16に自主イベント「ブタ音楽祭」、6/3からは初のホールツアー“唄とアコーディオンの姉妹劇場”の開催も発表。芸能、放送、広告、各業界の著名人が絶賛するふたり編成でのライヴは必見だ。