松坂桃李「エロい!」と絶賛された映画「キセキ」の歌唱シーン公開
GReeeeNの名曲『キセキ』誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く輝石の物語、映画「キセキ -あの日のソビト-」(1月28日(土)全国公開)。 この度、松坂桃李演じるジンがメタルバンド「ハイスピード」のボーカルとしてライブで歌う場面写真が公開された。 緑髪に口ひげ、タトゥーにピアスのスタイルで夢と現実の間で闘うミュージシャンを見事に体現。劇中での歌唱は松坂のキャリア史上、なんと初めてとなる。歌に苦手意識があり、今までずっと避けてきたと言い、「初めはプロデューサーの役と聞いていたのですが、台本みたら最初のシーンから歌ってて・・・騙されました(笑)。CDは出しません。」と恐縮するが、弟のヒデ役を演じた菅田将暉から「マイクを持つ手がエロい!このシーンは注目です!」と太鼓判を押されている。 厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄、ジン。メタルバンド「ハイスピード」としてメジャーデビューを果たすも、音楽性の違いで仲間と衝突、バンドは解散状態に。一方、グリーンボーイズ(メンバーに菅田将暉演じる弟のヒデ、横浜流星演じるナビ、成田凌演じるクニ、杉野遥亮演じるソウ)はキラキラと輝き、どんどん前進していく。 劇中では、そんな対比が残酷なまでに描かれ、映画監督の西川美和は、「弟たちが初めて立ったステージを観ると、 「そりゃこっちが受けるわ」と哀しいほどに納得をした。自分の信じることに対して懸命な者が時代を掴めるとは限らない。爽やかなパッケージだが、才能というものをめぐる残酷さを逃さずに描いている作品だった。」と感想を述べている。 が、それでもジンは音楽を辞めようとはしなかった。弟たちの才能に夢を託し、プロデューサーを買って出る。音楽をやる人間にとって、それは複雑な想いを抱えながらの大きな決断だったに違いない。そんな想いを背負ってジンを演じきった松坂は、 「勇気づけられる作品で、今自分がやっている事、またこれからやる事、自分で選択したからこそ、それが正解だと後押しされる気持ちになった。」と語る。 本作を鑑賞した是枝裕和(映画監督)は、「自分では諦めた夢を弟に託したジン。彼の哀しみ、喜び、そして覚悟を目だけで表現してみせる松坂桃李。色っぽかった。」と称賛の声を寄せている。ジンを通して観る『キセキ』誕生のストーリーは、そんなドラマチックな展開で様々な感情をかきたてるに違いない。 クランクインの約2ヶ月前からボイストレーニングに励んだ松坂。ライブシーンの撮影は「緊張しました。それと同時にバンドメンバーの心強さも同じぐらい感じました。かっこよすぎる( 「ハイスピード」 メンバー)3人がバックで演奏してくれているので、彼らの音楽が鳴った瞬間に、心配はなくなりました。」と振り返った。松坂の渾身の熱唱は必見だ。 【作品情報】 『キセキ ―あの日のソビト―』 2017年1月28日(土)全国公開 出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹 / 麻生祐未、小林薫 監督:兼重淳 脚本:斉藤ひろし「秘密」「黄泉がえり」 音楽:GReeeeN 主題歌:GReeeeN『ソビト』(ユニバーサルミュージック) プロデューサー:小池賢太郎 音楽プロデューサー:JIN 製作:「キセキ ―あの日のソビト―」製作委員会 製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ 配給:東映 (C)2017「キセキ ―あの日のソビト―」製作委員会