「ミスFLASH 2017」2016ミスとポージング対決でセクシー白熱戦に
今年で11回目を迎える、グラビアアイドルオーディション「ミスFLASH2017」に輝いた3名が、17日発売の「FLASH」(光文社)誌上で発表された。撮影会、ネット放送、ハガキによる読者投票などで、長期渡るバトルを制したファイナリスト15名から栄冠を勝ち取った3名が揃って会見に臨んだ。 今年の「ミスFLASH」に選出されたシンデレラガールは、(写真左から)月城まゆ、吉澤玲菜、池田ゆりの3名。池田は初代K-1ガールズ、吉澤はアイドルグループ”Pimm’sとして、月城は「FLASH」発のグラドルユニット”G-girls”に加入したばかりで、いずれもグラビアは初めてという初々しい面々。恒例のYシャツを徐々に脱いで、白いビキニ姿になる個々のフォトセッションでも、緊張を隠せなかったが、報道陣のカメラに一生懸命視線を送り、不慣れなポージングに照れながらも堂々と応じた。 会見には、前代の「ミスFLASH2016」で1年間活躍し任期を終えた、川崎あや、豊田瀬里奈、中野杏も花束を持って祝福に駆け付けた。川崎は「”ミスFLASH”という冠は、応募数400名の女の子たちのたくさんの思いが詰まっているので、そのことを自信に思い、自覚して1年間一生懸命頑張ってください」とエールを贈った。 これも恒例となっている「新旧ミスFLASHグラビアポージング対決」では、吉澤&豊田が”美乳”で対決。豊田は去年、ビキニトップの紐を外し、あわやポロリというスレスレなポーズで度肝を抜いたが、先輩となった今回も、また紐を下ろし”あわや”と思わせたが、2枚着ているというさすがの芸当を見せ、新人吉澤を圧倒。最後はお互いに豊満なバストを触り合いフィニッシュ。”美尻対決”の月城&中野は、壇上から降り、お尻を突出して報道陣のカメラに猛アタック。”近い近い!”とカメラマンに諭させるも全力でアピールし大いに沸いた。”美脚対決”の池田&川崎は、K-1ガール対レースクイーンの戦いとなり、双方控えめながら、ため息が出るほどのスラリと伸びた美脚を見せ付け、報道陣をも釘付けにした。 17日発売の「FLASH」でグラビアが掲載されている3人は、今後、24日吉澤、31日池田、2月7日月城の各単独グラビアを順次掲載。さらに沖縄で撮影された彼女らの初DVDが3月17日(金)に発売、その記念イベントが3月25日(土)に秋葉原ソフマップで開催される。グラビアアイドルとして歩み始めたばかりの3人、2017年の飛躍を大いに期待せずにはいられない。