椎名へきるが歌手としてライブ通算400回を達成
女性声優としてその活動をスタートさせ、歌手としても1994年にデビュー。22年のキャリアで16枚のアルバム、44枚のシングルを発表している椎名へきるが、代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」で開催された「椎名へきる マンスリーアコースティックライブ~毎月へきってやっちゃうぞ~」昼公演をもって、通算400回目のライブを達成した。 1995年3月29日、SHIBUYA Egg-manにて初の単独ライブを行ってから、声優として史上初となる日本武道館(1997年2月22日、23日開催)、 国立代々木競技場第一体育館(1991年4月17日開催)、幕張メッセ(2000年12月31日、通算200回)など数々の金字塔を打ちたて、現在も精力的にライブ活動を行っている。 歌手としてもチャレンジを続け、昨年末12月21日にリリースされたアルバム『keeno song collection -feat. female singer-』にヴォーカリストとして参加、歌ってみた初挑戦となった。ボカロP、keenoの名作群をへきる流に歌い、新たなファンを獲得すると同時に新境地を開いた。 歌手デビュー23年目に突入する2017年もマンスリーアコースティックライブを継続しながら、500回という更なる大台を見据えますます精力的に活動する椎名へきるの今後に期待だ。