指原莉乃は、なぜ人気が続くのか?
指原莉乃の勢いが止まらない。アイドルとして、2016年は信じられないようなテレビ出演本数を誇り常に注目を浴び続けた。昨年末の紅白歌合戦での「夢の紅白選抜」では2位という順位に終わったが、公式ツイッターで「2位でした〜!お金持ちのファンがいるだけと思われてるだけなのが嫌だったから、まじで嬉しいよ〜!←正直すぎる感想。笑 みんなありがとねえ〜〜 さやねえ、おめでとう! 大好き!あこがれ!しーちゃんおめでとう!好き!」とコメント。総選挙でダントツな1位を取りながら、「夢の紅白選抜」では山本彩に負け、直後にこのつぶやきをすぐにできるところが、指原のスゴいところだ。反射神経の良さと、笑いや話題もしっかりと交えられるコメントセンスがアイドルとしての域を超えている。 また、2017年に入っても正月から見ない日はないほどにテレビ出演をし、どの番組も大きな話題となっている。MCからひな壇までこなし、このままならば2017年は、テレビ出演本数で女王の座を争っている本当に小島瑠璃子やハリセンボン近藤春菜に迫る勢いを見せるのではないかと期待されるほどだ。 ここ最近では確実にトークスキルもロケ技術も向上。「HKT48のおでかけ!」(TBS系)にて共演する後藤からは「見ましたか、技術1つ入りましたよ」「喋っている最中にカメラが寄れるようにこいつはやっていました。24歳とは思えません」と絶賛したのは、「梅が枝餅」を紹介する際、話しながら手元を固定して餅を割って美味しそうな中身を見せるという、ロケの多い芸人も真っ青な撮影技術だった。 さらに、アイドルとしても2017年は話題を集める年になりそうだ。まずは、総選挙。今年も例年通りに行われるならば、指原が出場するのか?が大きな鍵となる。勝ち逃げはしないと本人も考えているようなので、「紅白のリベンジ」というテーマで山本彩との一騎打ちも見どころになりそうだ。さらに、その類まれなるプロデュース能力は自身が所属しコンサートなどでのプロデュースに関わるHKT48以外にも発揮されそうだ。また、「新春!チーム8祭り」にて開催されたAKB48小栗有以のソロコンサートでも「実はセットリストのお手伝いをさせてもらったの!」と指原が発表し話題となった。これからは、HKT48以外にもAKB48グループでプロデュースをする案件が多くなっていく可能性も高そうだ。 しかも、指原莉乃とモーニング娘。のコラボレーションユニット、その名もサシニング娘。(指原莉乃&モーニング娘。’17)プロジェクトまで発表され、もはやAKB48グループを越え話題を提供しそうだ。 もはや、アイドルとしては前人未到の領域に踏み込み始めている指原。決して王道ではないが、アイドルの歴史の中で確実に指原が新たな可能性を切り開いている。注目していきたい。(編集部/高橋学)