チーム8が東と西に別れ「天下分け目の決戦」
2017年1月15日「新春!チーム8祭り」が開催され、AKB48チーム8メンバーが出身地別に東西に別れ「天下統一」公演をTOKYO DOME CITY HALLを披露した。 この日、EASTによる「東の陣」、WESTによる「西の陣」としてのコンサートをそれぞれ終え、いよいよ東と西による天下分け目の最終決戦へ。チームの旗を持ったEAST岡部とWEST太田の両軍大将が、兜を被ってステージに登場。茨城弁と関西弁 とで、東西の美味しいものやいいところを自慢し合う舌戦を繰り広げた。 オープニング曲は、『RIVER』。「 EAST!」「 WEST!」の掛け声とともに、 メンバーが ステージだけでなくいきなり客席にも登場 し会場を驚かせた。続く『会いたかった』では、さらにアリーナ席に もメンバーが降り立ち、 幕開けから会場のボルテージはマックスに。 EASTと WESTがそれぞれにとって 初のオリジナル楽曲『星空を君に』 と 『思春期のアドレナ リン』を東西に分かれて披露したかと思えば、続いて、各都道府県の名所を歌った『日本48』 やチーム8の代表曲『47の素敵な街へ』は全員でパフォーマンスし、互いの特色を出し合いながらもチーム8らしく一体感ある構成となった。 ユニットでは、東西メンバーがシャッフル。歌田らが口上とともに披露した『ほねほねワルツ』、中野郁海(鳥取)らがハイスキルなダンスパフォーマンスで魅せた『Escape』、前日に単独コンサートを開催した坂口、小栗、倉野尾の3名による『ウィンブルドンへ連れて行って』、長久玲奈 (福井)がギター伴奏とともに小田との美しいハーモニーを奏でた『君はメロディー』など、 47人が揃ったコンサートならではのラインナップとなった。 ユニット後は、再び東西に分かれてパフォーマンス合戦。WESTによる『青春のラップタイム』、 EASTによる『メロンジュース』など、姉妹グループの楽曲で会場の盛り上げ、終盤は『一生の間に何人と出逢えるのだろう』『夢へのルート』『制服の羽根』など、チーム8の楽曲を全員で披露し、最後は全員で協力をして天下を目指すことを宣言。単独公演 も含めた全6公演を完走し、チーム8にとって充実の2日間となった。 すでに発表の通り、チーム8にとって初の地上波冠番組「AKB48チーム8のブンブン!エイト 大放送」が1月27日(金)25:45からいよいよ放送開始されるが、さらに2つの新番組がスタートすることがサプライズ発表された。まずは、CS放送にて、関西エリア代表のメンバーによる新番組・KawaiianTV「チーム8のKANSAI白書」が3月から放送開始。そして東海地区ではCBCラジオにてチーム 8の冠番組が放送開始となる。 写真(C)AKS