斉藤和義ニューシングルはドラマ・映画主題歌含む3曲収録
2月22日にリリースされる、斉藤和義のニューシングル『遺伝』の収録内容ならびにジャケットが本日公開された。 表題曲の『遺伝』は本日1月13日に放送スタートとなる、阿部サダヲ主演のTBS系 金曜ドラマ「下剋上受験」の主題歌。 本作は、中卒の父と偏差値41の娘が塾にも行かず二人三脚で最難関中学を目指した”奇跡の実話”が原作で、この実話をもとに小5の夏から中学受験に挑むまでの約1年半にわたる家族の奮闘を描いていく受験ホームコメディ。 新曲『遺伝』は、このドラマの根幹にある、親子間にある無償の愛をテーマに書き下ろされた。本作のプロデューサーである渡辺良介は「斉藤和義さんがドラマの”魂”を見事に歌に封じ込めてくれたことに、スタッフ一同感嘆し、感謝しています」と喜び、「”努力は裏切らない”という力強い応援歌でもあります。この『遺伝』という楽曲とドラマが、受験生とその家族の励みに、またすべての家族がキズナを見つめ直すキッカケになれば幸いです」とコメントを寄せている。 またシングルの2曲目には、昨秋に公開された佐々木蔵之介主演の映画「超高速!参勤交代 リターンズ」主題歌である『行き先は未来』が収録。映画をもとに楽曲を書き下ろし、斉藤和義(Vo,G)、林立夫(Dr)、細野晴臣(B)、堀江博久(Pf)といった錚々たる顔ぶれが制作に参加した。 そして3曲目には昨夏公開されたファンタジー溢れるWEBムービー、スノービューティー2016「逆さに降る雪」主題歌の『ひまわりに積もる雪』が収録。幻想的な映像によばれて出てきたやさしいメロディーと言葉がシンプルにつづられたラブソングに仕上がっている。 さらにシングルの初回限定盤には、斉藤和義のシグネチャーモデルであるGibson J-45ならびにGibson KS-330、そして”せ”ロゴをモチーフにしたピンバッチが3個セットで付属される。なお、TSUTAYAならびにタワーレコードでシングルを予約・購入すると、オリジナルB2ポスターAもしくはBがそれぞれプレゼントされる。