「クズの本懐」ED曲さユり 実写ドラマ主題歌にも決定
2017年1月12日よりフジテレビ”ノイタミナ“にて毎週木曜24:55から放送開始のアニメ「クズの本懐」エンディング・テーマ『平行線』を歌うのは、”ノイタミナ”作品で様々な世界観を透き通るような歌声で表現してきたシンガー「さユり」。 すでにアニメ版のエンディング・テーマに決定している新曲『平行線』が、なんとフジテレビにて1月18日より毎週水曜25:55から放送開始の実写ドラマ版「クズの本懐」の主題歌にも決定した。「さユり」としては初のドラマ主題歌であり、さらにアニメとドラマの両方のエンディングとして『平行線』が流れるという、ダブルタイアップが実現した。 主人公 花火を軸とした、交わりそうで交われない、登場人物たちの純粋で歪んだ恋模様や心情がそのまま、さユりの歌の世界と繋がった新曲『平行線』。 平行した世界で歪んでいくその心情を歌うさユりの”翳(かげ)と希望”の交錯した歌声が、ドラマとアニメが同タイミングで完結する「クズの本懐」。水曜は実写ドラマ主題歌、そして木曜はアニメのエンディングという、1クールにわたり2夜連続で、儚くもどかしい想いを彩る。 『平行線』は2017年3月1日に発売が決定している。