佐野真彩「レースクイーンでした」とつぶやくも「知ってる」「伝説です」の声
2016年大晦日に開催された「Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント Final ROUND」でRIZINガールとして活躍した、美脚クイーン佐野真彩。新年早々のTwitterでは、「最近フォローしてくれた方もいるので……元レースクイーンです」とつぶやいた。 今や、グラビア、キャスター、レポーター、バラエティ、イベントコンパニオンなどマルチに活躍し、最近テレビやwebニュースなどで彼女の名前を知ったファンに「そもそも何してたひと?」的な疑問に応えた形だ。しかしファンからのコメントは「よくご存知です」「まぁやんが元RQだったのは2014年から知っております( ー`дー´)キリッ!RQ現役バリバリの時に着ていたコスも去年のコスも目の保養になって癒されました(`・ω・´)ゞ」「バラエティーなんかでよく見かける元レースクィーンではなく、数少ない元トップオブレースクィーンですよね」「伝説の…ですね!」「伝説のまぁやんだもんね(^_−)−☆」「RQ時代はオートサロンで真彩姉さんを見ました!可愛いくて、かっこいい女性だったのでファンになったのを覚えてます\(^o^)/」などなど佐野が如何にスゴいレースクイーンだったかは有名だったようで、当時の懐かしい写真も貼り、その凄さを分かち合った。中には「そうだったんですね」と驚くファンもちらほら。 佐野は2010年にレースクイーンデビュー、「Weds Sport RACING PROJECT BANDOH」在籍中に”レースクイーン・オブ・ザ・イヤー13-14”を獲得、さらに2013年日本レースクイーン大賞も受賞し、史上初の2冠を達成した伝説のレースクイーンなのだ。その時29歳で、歴代最年長記録を塗り替えた。171cmの長身で、股下が82cmというスーパー美脚。スリーサイズもB85・W58・H85と実に均整の取れたボディでモーターファンのみならず多くの貴兄を魅了した。 2016年発表された4thDVD『PIT IN』(エスデジタル)では、超ハイレグなRQコスや、ぴちぴちレザースーツ姿などに挑戦し、品の或る美人な清楚さとエロさがみごとに融合した“エロ清楚”な一面も垣間見える秀作だ。 今もその高嶺の花な完璧プロポーションと、でもお高く止まらない黒目がちで目尻がほわんと下がる癒しのスマイルでファン急増中の“伝説のおんな”佐野が2017年もさらに大きく飛躍することを大いに期待したい。 写真およびコメントは佐野真彩公式twitter(@sano_maya)より。