北原里英NGT48記念公演で「これからも新潟のみなさんに愛されるグループに」
NGT48劇場オープン1周年の当日となる、1月10日(火)、劇場をフル活用したイベ ントと特別記念公演が開催された。昼には劇場をロビーとステージの2会場に分け、3グループに分かれたメンバーが入れ替 わり、それぞれで趣向を凝らしたイベントを展開。 突然流れたAKB48 グループの楽曲に合わせた即興創作ダンス披露や、ロビーのロッカーを活用した神経衰弱ゲームと多彩なイベントで観客を楽しませた。公式プロフィールに記載された特技に嘘がないかを検証するコーナーでは、「囲碁が得意」と自称する菅原りこが実は信じられないくらい囲碁が弱いことが判明してしまう場面も。 夜には、クライマックスとなる「NGT48劇場オープン1周年特別記念公演」を開催。1年前のこけら落としでも行った「PARTY が始まるよ」公演と現在行っている「パジャマドライブ」公演の楽曲を中心に、この1年間劇場のステージで磨いてきたパフォーマンスを披露。中盤では、北原、柏木、荻野をキャプテンにした3チームに分かれ、縄跳びや卓球、紙飛行機つかみなどのゲーム対決も。優勝した柏木チームにはご褒美として『ヘビーロ ーテーション』のセンターが与えられたが、ゲーム対決ではほとんど活躍していなかった西潟茉莉奈が抽選の結果で勝ち取る結果に。 最後には、北原キャプテンが、「これからも新潟のみなさんに愛されるグループになれるよ う、この私たちのホームである NGT48劇場での日々の公演を大切にしていきたいと思います」 とコメント。そして『Max とき315号』を全員でパフォーマンスし、1周年記念特別公演を締めくくった。 2日間にわたって開催されたNGT48劇場オープン一周年記念イベントは無事終了し、初の単独コンサートや、待望のメジャーデビューを控え、また新たな一歩をまた踏み出した2日間となった。 【北原里英(NGT48キャプテン)コメント】 「劇場がオープンして1年、こうして、毎公演満員のお客様に見ていただけたということに心か ら感謝しています。ありがとうございます。1月20日にはNGT48にとって初めての単独コンサート、そして春にはメジャーデビューも控 えています。全国に向けてはもちろんですが、これからも新潟のみなさんに愛されるグループになれるよう、この私たちのホームであるNGT48劇場での日々の公演を大切にしていきたいと 思いますので、これからも劇場に遊びに来てください。応援よろしくお願いします」 写真(C)AKS