なぜ山本彩は紅白選抜で1位になれたのか?

NHKホールで行われた「第67回NHK歌合戦」。今回、AKB48は「夢の選抜」として出場し、メンバーを投票で決定するというとんでもない演出を成功させた。中間発表が途中でされ、のリハーサル記者会見で参加メンバーを発表。本番で順位を発表するという大掛かりなイベントとなった。

yamamoto

結果として、総選挙で圧倒的な強さを見せるHKT48指原莉乃を抑え、が「夢の選抜」にて1位に選ばれた。今回の投票システムが、原則としてアプリ、テレビから1票ずつ投票できるものとなり複数投票は不可能となった。最後まであらゆる手を使って複数投票をしようとしたファンもSNSでは見かけたが、結果として上手くいかなかったようだ。

なぜにが1位となれたのか?

去年一年間を多く取材してきた印象としては、山本がすでにAKB48グループでも圧倒的な人気を獲得していたことは解っていた。

握手会では自身の所属するでは圧倒的な人気があることはもちろん、グループでのAKB48関連の握手会でも人気を持ち、山本が一番先に売り切れるという場面も非常に多かった。握手人気が高いのは、彼女の誠実な性格にひかれているのだろうと思う。ここまでの人気をもってしても真摯な姿勢で一人一人に感謝をしながら握手を行う。本人の性格の良さもあるだろうが、山本はになる前に売れないガールズバンド時代を経験していることも大きいだろう。自分が輝くためにはファンの応援がなければ何も出来ないとしっかりと身をもって分かっているからこそ、山本はどんな場面でもしっかりとしたファン対応ができる。

また、山本のソロコンサートを取材した際にも、そのファン層に驚き、山本の人気の高さを実感した。を応援しているであろう男性達はファンとして解りやすいのだが、中高生の女子、カップルと様々なファンが会場に押しかけていた。アイドルがソロ活動をすることは珍しくなく数々の現場を取材してきているがここまで多種多様なのもあまり見たことがない。チケットも即完売だったことを考えれば、アイドルファンにだけ支えられた人気ではないことをソロ活動でも実証している。

は選挙に弱い」と長らく言われ続けてきたが、今回の「選抜1位」という結果を見てファンも思うところがあるだろう。今年もAKB48総選挙が例年通りに行われれば面白くなってくる。指原もしっかりと2位に付け、さすがの知名度の高さを見せつけた。この二人の一騎打ち、ぜひ実現して欲しい。(編集部/高橋学)