乃木坂46新成人 生田絵梨花ら今年の5名は「マイペース世代」
2017年に新成人を迎える乃木坂46のメンバーが、ゆかりの乃木神社(東京・港区)で成人式に臨んだ。 冬晴れの穏やかな成人の日となった7日、今年めでたく新成人となる生田絵梨花、北野日奈子、斎藤ちはる、中元日芽香、堀未央奈は、艶やかな振袖姿に照れながら本殿前に進み、まずお参りを済ませた後、本殿内で祈祷を受けた。 厳粛な儀式を終え、絵馬にそれぞれの目標をしたため、破魔矢を持って報道陣の取材に応えた5人は晴れやかな表情。生田は「おねえさんメンバーが代々乃木神社で成人式をやっているのをテレビで観ていて、”これ観てたやつだ”って嬉しいのと、この3人(生田、斎藤、中元)は中学三年の時にグループに入って、”中三組”って言われていて、それがもう20歳になるなんて感慨深いです」と話し、中元は「私たち憧れのイベントにだったので嬉しいですし、着物を着ることであらためて大人になったんだなって思いました」と笑顔。 20歳になったことでお酒が解禁になることについて、生田は「行き付けのワインバーで”マスターいつもの”って言いたい」と報道陣を笑わせ、斎藤は「2月に20歳になったら、親とかっこいいバーに行ってみたいという憧れがあって、”私に合ったカクテルを”とか言ってみたい」と話すと、他のメンバーも「わーすてきー!」と盛り上がっていた。また大人な女性の条件として生田が「寿司をわさびありで頼む」と掲げ、堀は「タクシーを髪を掻き上げながら、こういう感じ」とやってみせると「ないよー、バブルだよー」とメンバーには不評だった。 そんな個性的なメンバーについて、記者から「今年の成人のメンバーは何世代?」と質問が飛ぶと、堀は「逆になんだと思います?」と質問返し。すると北野が「でも確かに話は…」と言いだすと、「合わない」と続ける堀。「いやいや話は合ってるんだけど、みんなで一つの事に対して話してても、いつの間にか個々でしゃべっててってなっちゃいます」と暴露、それを受けて生田が「マイペース世代」と命名した。 堀が絵馬に書いたものが「鳥」に見えないと盛り上がり、ファンにはおなじみの”堀画伯”も登場。記者に「犬?」と言われ「新年早々やめてくださーい」と恥ずかしがるなど、穏やかな冬晴れに相応しい、ほんわかな成人式となった。