山本彩が「夢の紅白選抜」舞台裏を明かす
「第67回NHK紅白歌合戦」がNHKホールで行われ、AKB48は「夢の紅白選抜」として出場。出場メンバーは、投票で決定され本番で順位が発表された。楽曲はAKB48の代表曲である『RIVER』から始まり力強い歌声とダンスを聞かせ、2曲目の『フライングゲット』へ。ここで順位が発表された。栄えある第一位は、NMB48山本彩。 快挙を成し遂げた山本彩は「バイキング」(フジテレビ系)へ出演し「山本彩が語る紅白舞台裏」を披露した。「待っている時はあんまり意識がなくて、自分が呼ばれていないことを把握してなくただ緊張していました、みんながそうですね」「いろんなスタッフさんに聞きにいっても誰も教えてくれなくて」と当時の現場を説明。 今回のイベントに対し「普段の選挙とはまた違ったシステムだったりもしたので、これはもしかしたら可能性があるかもしれないなと思って」と話した。 MCの雨上がり決死隊宮迫より全体的な順位が納得か聞かれると「NMB48のメンバーが多かったりとか…77位の子(吉田朱里)とかYouTuberみたいに自分で動画を作ったりしてたので結構、若い子とかが」とコメント。 また、指原が「ファンの数は多くないと思われていたので2位は正直気持ちいい」とツイッターでつぶやいた件について、意見を求められると「指原さんは海外の方からも支持があるっていうようなものを聞いて…今回は国内でしか投票ができなかったので、スゴいです」とコメントした。