山本彩加が2017年のNMB48に革命を起こす
AKB48グループの中でも、2016年で大きな変革を迎えたのがNMB48だ。大阪は難波で活動をし、バラエティ豊かなメンバーが多いAKB48グループの中でも、「お笑い」も軸の1つとしている変わったグループであり、個性のクセがすごいメンバーが多いことでも知られている。そんなNMB48だが、2016年は選抜経験メンバーの卒業・卒業発表も多かった。その中でも、最もインパクトが強かったのが渡辺美優紀の卒業だ。人気実力ともにAKB48グループ全体でも高く、まさにNMB48の大黒柱だった渡辺。山本彩とともに「2強」と言われ続けた人気メンバーの卒業は大きな衝撃となった。 そんな「ピンチ」の中で誕生したのが5期生。かつてNMB48の人気メンバーだった山田菜々の妹である山田寿々や、現役メンバー上西恵の妹・上西怜が同時に加入するなど話題豊富。中でも注目を浴びたのが山本彩加。山本彩と一文字違いという奇跡的な名前を持つ少女は、合格発表のその日からメディア、ファンから注目の的となった。山本彩加も当サイトのインタビューで「デビューが6月で、まだ日にちが経っていない中で研究生公演をやらせて頂いたり、たくさんコンサートに出させて頂いたり、覚えることもたくさんあって焦りがありました。でも、いろんなチャンスをもらえることで成長できたかなと思います」と答えている通りに、AKB48グループの中でも珍しいくらいに、トントン拍子で活動をしている5期生の中心メンバーだ。個性的なメンバーが多く、注目度の高い5期生の中でも頭一つ抜け出したのが山本彩加だ。NMB48の新曲『僕以外の誰か』でも、センターの山本彩以上に目立つ場面も有り、その期待の高さが伺える。 山本彩加の魅力は、空手で鍛え上げた体幹をフルに使ったパフォーマンス力。そして、動じない心だ。兵庫県の大会で優勝経験もある実力者であり、心技体がしっかりと整えられているからこそ、この大抜擢にも動じず自分の存在感をしっかりと出せているのだろう。 ダンスや歌唱に関してはまだまだ伸びる余地が十分にある。空手をやっていただけに、根性もあるだろう。練習が好きだというコメントも得ている。『僕以外の誰か』でのダンスも、デビュー時と比べ驚くほど上手くなっている。体幹が鍛えられているからだろうか、キレがすごい印象だ。ここから更に進化をするだろうから期待は大だ。 心の部分でも、インタビューを行った感想としては落ち着いていて、しっかりと自分の意見を話せる強さを感じた。突然の大抜擢なだけに、ライバル心を燃やす先輩メンバーも多く出てくるだろう。その中で、しっかりと自分を持ちメンバーとの関係性も築けていけそうな予感を感じる。 山本彩がメンバーたちから「パーフェクトすぎる」と言われ続けたが、山本彩加にも同じ雰囲気を感じ取れる。それくらいに、山本彩加にはNMB48を変革できる可能性が十分に秘められている。 アイドルに限らず、スポーツ選手などでも若くして過度の期待に押しつぶされる例も多々ある。しかし、山本は当サイトのインタビューで、大きな期待の中でプレッシャーを感じるかという質問に、「感じています、でもいまここで頑張れば、後々絶対にいいことがあると思っていますし、自分にとってプラスになることがたくさん出てくるんじゃないかなと思っているので、いまは踏ん張って頑張ります」とまっすぐな眼差しで答えてくれた。こういった気持ちの強さも、スポーツでしっかりと努力を続け結果を出した過去が自信につながっているのだと感じる。 2017年、NMB48は山本彩加を中心に動いていくことが予想される。その中で、しっかりと結果を出し、また相乗効果でグループが活性化していくことを期待したい。(編集部/高橋学)