AAA、サプライズ登場のピコ太郎とPPAPコラボ

男女7人組パフォーマンスグループが、年明け早々に行う毎年恒例のイベント「 NEW YEAR PARTY 2017」にてと共演した。

170101AAA_繝九Η繝シ繧ケ逕ィ_謦ョ蠖ア・夂伐荳ュ閨門、ェ驛蚕AAA_9602_

第67回NHK紅白歌合戦の出演後すぐに、東京体育館にて毎年恒例となる「 NEW YEAR PARTY 2017」を開催。ライヴは、紅白歌唱曲でもある『ハリケーン・リリ、ボストン・マリ』からスタート。会場全体でタオルを振り回し、ハッピーニューイヤーと新年を祝福。さらに『GAME OVER?』へと続き会場はパーティーモードへ突入。

2016年を代表する新曲『NEW』『涙のない世界』から『HORIZON』のような懐かしの楽曲まで披露して会場のテンションも終始最高潮に。そしてアンコールでは、リーダーの浦田直也が「流行りを横取りします。やってみたいと思います。」と話し、メンバー7人でのPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)を軽快なダンスで披露すると会場は初笑いに包まれた。しかし、直後にステージ後方のスクリーンにのロゴが映し出されると会場がざわつき、本人がPPAPを披露しながらサプライズ登場。

さんとは古坂大魔王さんとデビュー前から知っていまして、こんなとんでもないビッグスターになるとは全然。みんなのこと大好きなので本当にこう今舞台立つと10年くらい前を思い出しますね。」とプロデューサーの古坂大魔王と同期でもあるのことを労った。

メンバーの末吉秀太に「でもさんは初めてじゃないですか。」と突っ込まれると、「そこはふわっとさせといて」と慌てる場面も。最後に「本当に心を込めて言わせて下さい。ありが玉置浩二。」と感謝を述べて会場を後にした。ラストはおなじみの「虹」で締めくくり、浦田が「これからもがっつりは前に進んで行きたいと思いますので、今年もよろしくお願いします!!」と新年最初のライヴに幕を下ろした。