乃木坂46「さゆりんご軍団」「真夏さんリスペクト軍団」はどうなる?
2016年、乃木坂46に2つの軍団が結成された。松村沙友理率いる「さゆりんご軍団」、そして秋元真夏率いる「真夏さんリスペクト軍団」だ。両軍団はそれぞれ勢力を拡大中。今後は争っていくのか、それとも和平への道を歩むのか?「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)では松村沙友理と秋元真夏のインタビューを掲載している。 -2016年はどんな年でしたか? 秋元 自分で発信しての活動が増えたなって思います。そのなかでいちばん大きなものは、「真夏さんリスペクト軍団」ですね。それまではやりたいことがあっても胸にしまっておくだけだったけど、声に出していこうと思って。755(トークライブアプリ)で秋元(康)先生にアピールしたり。そうしたことで活動が本格化したのは嬉しかったです。 松村 私は、2期生と仲よくなった一年でした。それまでの私は2期生としゃべることが少なかったんです。でも、後輩と「さゆりんご軍団」を結成することで、一気に距離が縮まりました。軍団員以外のメンバーとも絡むようになりました。 -グループとしての’16年は? 秋元 欅坂46という後輩が出来たのが大きかったです。乃木坂46にも3期生が入ってきました。私たちがこれまでに作り上げてきた空気感に、新しい風が入ってきましたね。そうだ、3期生の吉田綾乃クリスティーちゃんが私のことを好きだと言ってくれているので、もしかして軍団に入りたいのかなーと思ったけど、2期生に「軍団員はこれ以上増やさないで」と直訴されているので、どうなるんでしょうか(笑)。 その他のインタビューとグラビアは「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)を購入。 その他のインタビューと鮮烈な水着姿は「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)を購入。大人気のグラビア誌「FLASHスペシャル新春号」。Amazonで購入はクリック その他のAKB48グループ情報は、SmartFLASHで