今田耕司、グラビア撮影を介した恋愛は「ガンガンある」
今田耕司が「芸人カメラマン」のパイオニアとして撮影を続けてきたグラビア連載「イマ撮り」が、ついに写真集「今田耕司が撮った13人のオンナ」(光文社刊)となって発売。「ほんまもんの美女しか撮れない男」の面目躍如で、13人のモデルたちのレベルの高さが話題となっている。このたび写真集の発売を記念して、安達祐実の夫としても知られるプロカメラマン桑島智輝と今田耕司が「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)で対談。「撮影あるある」が連発したその模様をお届けする。 桑島  今田さんは撮影で緊張はないんですか? 今田 緊張はありますけど、2人きりのほうが緊張しないかもしれないですね。周りの人がいると、この要求大丈夫かな、とかちょっと考えちゃうんですよ。 桑島 そうそう、後ろのスタイリストとか事務所の人が何か思ってんじゃないかなとか。 今田 ああ、やっぱり一緒なんですね。だからみんな一人で撮りたがるんですね。 桑島 そうなんですよ。そっちのほうがリミッターを振り切っていけるので、たぶん撮られるほうもやりやすいと思うんですよね。 ―被写体を恋愛対象に見てしまうことは? 今田 ガンガンある。大人の女性はほぼ好きになりますね。 桑島 基本的には被写体はあくまで被写体。一線を越えないよう線引きはしてますよ。愛してるけど、撮影が終われば終わり。 今田 プロのお仕事やからね。信用がありますから。でも、桑島さんが安達祐実ちゃんと結婚したのもわかります。やっぱり一人のモデルで写真集だと違うんでしょうね。(桑島氏が撮った安達さんの写真を見て)うわぁ、喧嘩してるときも撮るんですね。俺もこんなんしたいな。 桑島 その写真は泣いてるときですね。ずっと撮ってても、ぜんぜん飽きないんですよ。 今田 じつは俺も、つき合った女のコとか撮るんですよ。iPhoneですけど。写真撮るの好きなんやね、やっぱ。なんか話してたら「ああ、その感覚、一緒やったんや」って思うところが多くてよかったです。 いまだこうじ ’66年生まれ お笑い芸人 写真集『今田耕司が撮った13人のオンナ』には、芸歴30周年記念1万字インタビューも収録 くわじまともき ’78年生まれ フォトグラファー ’04年デビュー。先日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にも出演 写真・木村哲夫 文・ラリー遠田