DISH//に新メンバー、元カスタマイZの大智が加入

次世代型ダンスロックバンド、が1月1日(日・祝)に3年連続となる日本武道館での単独公演『TIME LIMIT MUSEUM』を開催し8,000人のファンが集った。この日のサプライズとして、新メンバー大智の加入が発表され話題となっている。

今年で3年目となる、元旦開催のの日本武道館・単独公演。3年連続となる今回の『TIME LIMIT MUSEUM』は、映像の世界と現実の世界がパラレルに進行しながらも、時にリンクしながら進んでいくという、ならではのひと捻りあるコンセプト。ライブ冒頭から“鉄仮面の中に閉じ込められた少女を制限時間内に救い出さなければ、少女がMUSEUMの展示物になってしまう”という事実を突き付けられたメンバーが、少女救出に向けた鉄仮面からの挑戦状を、力を合わせ乗り越えていく展開に。

ライブパフォーマンスは、発売されたばかりの2ndアルバム『召し上がれのガトリング』に収録の『No One Else』からスタート。4人息の合ったダンスで序盤戦を盛り上げたあとは、一転、『I Can Hear』『Never stop now!』など、バンドスタイルでファンを魅せつける。中でも、ボーカルの匠海がアコギを弾きながら感情豊かに歌い上げた『サクラボシ』は、一層ファンを魅了した。

DISH_Budoukan20170101-07

また、2013年のLIVEではグランドピアノでの4重奏をした事も印象深い“チャレンジ企画”だが、今回はなんと“三味線”の演奏に挑戦。この日の公演の為の猛練習の様子がVTRで流れ、4人揃ってお正月らしい袴姿で『さくら さくら』と『晴れるYA!』の演奏を披露し大成功を収めた。メンバーは相当緊張していたようで、演奏後は声を揃えて「終わった~っ!今日の武道館、後は楽しむだけ」とホッとした表情をみせた。

ライブ中に度々登場する“鉄仮面”の男が突き付ける指令を乗り越えながら進行するライブだったが、この日のビックサプライズはなんとこの“鉄仮面”男。アンコールでメンバーが登場し、モニターに映った鉄仮面の男がその仮面を脱ぐと…、そこにはまさかの新メンバー、カスタマイZ(去年の8月に解散)のメンバーだった、大智がドラムメンバーとして加勢。さらに進化するにファンの歓声が暖かく響いた。

その後は、新生メンバー5人による3曲を一気に披露。そのパワフルなステージに圧倒されたファンの歓声がさらにを煽り、ライブは最高潮に。

新規メンバー、大智は今回の加入について問われると「泣きそう!」と一言。その後メンバーからは「泣いちゃえよ」とからかわれながら、既に仲の良い様子をみせていた。この日はさらに、3月から“お試しワンマンLIVE実食会”と題したツアーが実施される事や、tvkにて4月3日から放送される音楽バラエティ番組「関内デビル」にて龍二がレギュラーMCを務める事も併せて発表された。今後の新生、5人での活動が益々楽しみだ。