「夢の紅白選抜」10位の市川美織、8・6秒バズーカーに作法を学ぶ
「第67回NHK紅白歌合戦」へAKB48「夢の紅白選抜」として出場したNMB48市川美織。投票結果も10位と高順位を獲得し話題となった。そんなみおりんが、雑誌「FLASHスペシャル」で連載を務める「お笑い芸人になりたいの!」。新春号のゲストは、あの大ブレイクから2年がたとうとしている8・6秒バズーカーの2人だ。アイドル人生だって山があれば谷もある。来る年で道を誤らないための作法を学ぼう。 市川 私はずっとお2人のファンだったんですよ! はま その「だった」っていうのにちょっと傷つくんですけど(笑)。 シン もう慣れろよ! 市川 大阪のよしもと漫才劇場でも、当日券で立ち見で観たりしていて。当時のハチロクさんの人気はすごくて、登場前にコンビ名がモニターに出ただけで女のコたちが「キャー!」って叫んでたりして。 はま そんな時期もありましたね。 シン いまと違いすぎて他人事みたいですわ(笑)。へえ、そんな芸人おったんや、って。そのころは大阪の劇場に出ながら東京にも行っていたので大変でしたよ。一日2往復とかありましたから。 市川 その移動の間にもお仕事が入ってきたりするんですよね。 シン めっちゃ知ってますね! そうなんですよ。やっと寝られると思ったら、そこで取材が入ってたりして。当時テレビでも「2、3時間しか寝てないんですよ」とかよく言ってましたけど、それは信憑性を持たせるためのウソで、本当はゼロとか15分とかでしたから。 はま シャワーだけ浴びるためにホテルに帰る、とか。 市川 最近はどうなんですか? シン いまは東京に出てきて地道にやってますね。やっぱり拠点を東京にしたほうがいいのかな、と思って。営業は地方とかが多いですね。 市川 人気のほうはどうですか? はま ズバリ言うと、落ちてます。 シン 自分らでズバリ言うなよ! はま ただ、東京から離れれば離れるほど、ラッスンがウケるような気はしますね。 シン 地方でラッスンやって、東京で新ネタやって、みたいな感じですね。新ネタはどれがウケるかわからないので、いろいろ試してます。 インタビューの続きは、「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)を購入。 その他のインタビューとグラビアは「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)を購入!大人気のグラビア誌「FLASHスペシャル新春号」。Amazonで購入はクリック その他のAKB48グループ情報は、SmartFLASHで